獣医師に求められる転換
ペットの社会的地位向上のために


成田 司 (なりた・つかさ)

ブリーダー、ペットショップ、ドッグカフェなどに勤務し、ペット業界を幅広く知り尽くす。現在は日本版ティアハイム(保護施設)建設を目指すGiraf Project(http://somode.info/giraf/)を主催。

ペットビジネス最前線

1兆円産業とも言われるペットビジネス。手の込んだおやつをはじめとした多種多様なフード、需要急増のペットシッター、人間顔負けの「癒し」サービスなど、裾野は広がるばかりだ。参入企業も増える一方、抱える問題も少なくない。ペットビジネスの「光と闇」を業界を知り尽くした著者が詳細にレポートする。

»最新記事一覧へ

幼少期から「大きくなったら何になりたい?」の質問に、「動物のお医者さん!」と答える自分がいました。田舎で育ち、様々な生きものと接する機会が多くあったからかもしれません。

 我が家で正式に育てていた生き物は猫とハムスター、2羽のセキセイインコでしたが、怪我をした蛇やハト、捨て犬や捨て猫などが一時的に居座っていることも少なくありませんでした。

獣医師の実情は……

 今ほど町の獣医さんが一般的ではなかったためでしょうか、怪我をした動物の治療を受けさせる施設が身近にはなく、動物園に相談をしていた記憶があります。

 「動物のお医者さんになって、野生の動物を助けたい!」

 そんな夢ははかなくも消え去りましたが、この業界に居座っているのも「夢に少しでも近づきたい」、そんな気持ちの名残かもしれません。

動物病院は増加してきたが…

 ペットが人間の生活に大きく関わって以来、「獣医さん」というといわゆる町で開業している動物病院を思い浮かべることが多いと思います。

 わが国の獣医療の歴史は、明治期以降の軍馬や食料としての家畜の普及に応じて発達してきたと言われており、現在でも国家資格として獣医師の学習範囲は牛・馬・鶏などの家畜に関する内容が主となっています。

 獣医師の仕事の範囲も、農林水産分野:家畜に対する医療行為、公衆衛生分野:食品としての食肉の安全性を守る・伝染病などの検疫を行う、小動物臨床分野:ペット(小動物)の病気の診断や治療を行う、バイオメディカル分野:人・動物用の医薬品開発、他など私たちの生活の中に多岐にわたって活躍しています。

 ペット産業に関わる分野では上記の小動物臨床分野が主となりますので、以下文中の「獣医師」はペットの病気の診断や治療を行うことを生業にしている病院や獣医師と定義して書かせて頂きます。

 農林水産省の平成24年飼育動物診療施設の開設届出状況(診療施設数)によると、全国で開設されている動物病院数は14703院。そのうち小動物の診療を行う病院数は10741院となっています。人気の職業として獣医大学卒業者の49%が小動物の診療に就職していた平成17年と比べてみると、動物病院数で1243院、小動物病院数で1259院も増加しています。

 http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/animal/index.html

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「ペットビジネス最前線」

著者

成田 司(なりた・つかさ)

ブリーダー、ペットショップ、ドッグカフェなどに勤務し、ペット業界を幅広く知り尽くす。現在は日本版ティアハイム(保護施設)建設を目指すGiraf Project(http://somode.info/giraf/)を主催。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍