患者もつくる 医療の未来

2014年12月26日

»著者プロフィール
閉じる

勝村久司 (かつむら・ひさし)

高等学校地学教諭、元厚生労働省医療安全対策検討WG委員

1961年生まれ。京都教育大学理学科卒業。高等学校地学教諭。1990年、陣痛促進剤による被害で長女を失い、医療事故や薬害などの市民運動に取り組む。厚生労働省の中央社会保険医療協議会や日本医療機能評価機構の産科医療補償制度再発防止委員会などの委員を歴任。2015年8月より群馬大学附属病院で腹腔鏡等で死亡事故が相次いだ事件の医療事故調査委員に就任。著書に『ぼくの星の王子さまへ』(幻冬舎文庫)、共著書に『どうなる!どうする?医療事故調査制度』(さいろ社)など。

(c)iStock

 いよいよ今年も一年の区切りとなる、年の暮れやお正月が近付いてきました。しかし、この年末年始に出産を控えている人にとっては、それどころではないでしょう。家族や親族や友人に、出産を控えているお腹の大きな人はいないでしょうか?

 実は、年末年始は、日によって赤ちゃんの出生数が倍近くも乱高下する、非常に特殊な時期なのです。

医療機関が休みの日は赤ちゃんも生まれない!?

 前回のコラム「満月の日は、出産が多くなるのか?~統計で見る『赤ちゃんが生まれる日時』の不可思議」でもお示ししたとおり、日本では、半世紀近くにわたり、医療機関が休みになる休日の出生数は、平日に比べて、かなり少なくなっています。

 その中でも特に年末年始は、通常の土日に加え、大晦日とお正月の三箇日が続けて休みになるほか、12月23日には天皇誕生日、1月の第二月曜には成人の日もあります。医療機関が休みになる日がとても多い時期なのです。

 【図1】をご覧下さい。このグラフは、2012年12月16日から、2013年1月16日までの出生数の変化を示したものです。天皇誕生日を含む年末の三連休の2日後に全国で3668人の赤ちゃんが生まれているのに対し、お正月の1月2日は、その約半分の1837人しか生まれていません。

 【図2】は、その1年前の2011年12月から2012年1月にかけて、【図3】は、さらに1年前の2010年12月から2011年1月にかけての出生数の変化を示したグラフです。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る