東大教授 浜野保樹が語るメディアの革命

2009年4月20日

»著者プロフィール
著者
閉じる

浜野保樹 (はまの・やすき)

東京大学大学院新領域創成科学研究科教授

1951年生まれ。工学博士。コンテンツ産業や制作に関する研究開発に従事する。主な著書に『大系 黒澤明』(講談社)『偽りの民主主義』(角川書店)『表現のビジネス』(東京大学出版会)などがある。(財)黒澤明文化振興財団理事、文化庁メディア芸術祭運営委員ほか。

日本アニメーションの国際競争力

 アニメーションの国際競争力がいかに強いかを知るためには、実写映画と比較すれば簡単だ。アメリカ国内興行の統計が整備されているので、アメリカに限定する。

ポケットモンスター
「ミュウツーの逆襲」[DVD発売中]¥4515

 アメリカ人の多くは映画を娯楽と割り切っているため、字幕を読まなければならない外国映画を好まない。そんな中、外国映画が興行成績1000万ドル、約10億円の壁を突破するのは至難のわざである。ちなみにアメリカでは1億ドルを越えると大ヒットとされる。

 黒澤明作品でも『』(1980年)の731万ドルが最高で、アメリカでヒットしたと言われる『Shall We ダンス?』(1997年)でさえ949万ドルであった。日本映画で1000万ドルを超えた唯一の実写映画、というよりも特撮映画は『ゴジラ2000ミレニアム』(2000年)であり1,003万ドルであった。

 それに比べてアニメーションは1,000万ドルを超えた作品が、『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』『劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕』『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』『劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 ENTEI』『千と千尋の神隠し』と5本もあり、英語に吹き替えられているとはいえ、特にポケモン・シリーズの強さが際だっている。

 初めての劇場版となった『ミュウツーの逆襲』、アメリカ題名『Pokémon The First Movie』に至っては、全米約3,000スクリーンで公開され、興行収入8,574万ドルを記録している。週間興行で初登場第1位に日本映画で初めてなった。なお日本国内の興行成績は41億円であった。当時の日本スクリーン数は2,221であったため、アメリカでは日本全部よりも多いスクリーンに、ポケモンが映し出されていたのだ。

 テレビについても同様で、1978年からフランスで初めて放映された日本アニメーション、永井豪原作『UFOロボグレンダイザー』(仏名GOLDORAK)シリーズの人気はすさまじく、平均視聴率は70%を越え、最高視聴率は100%だったという伝説まである。さすがに視聴率100%というのは信じられなかったため、2003年にパリで政府関係者に視聴率の記録資料を見せてもらったことがある。

 その記録資料によると、二桁しかない視聴率の欄には「- -」と横棒が二つ並んでいた。視聴率は通常二桁なので、「100」とは表記できない。このため、「- -」という表示になったようだ。調査方法の精度はともかく、『UFOロボグレンダイザー』の視聴率は公式の記録上でも100%であることを自分の目で確かめた。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る