炎上?感動?ネットで話題のニュース

2014年10月14日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田中 結 (たなか・ゆい)

プレスラボ

1985年東京生まれ。グラビア誌の編集、女性向けニュースサイトの編集などを経て、2012年10月から編集プロダクション・プレスラボで編集/ライターとして活動。下北沢勤務、下北沢在住で、完全深夜型のライフスタイルを送る。

 テレビのニュースには拾われないかもしれないけれど、ネットの一部で盛り上がったあの話題。知りたい人へお届けします。

日本男性がベビーカーを手助けしない理由とは?

 駅構内の階段などで、子連れの母親が重そうにベビーカーを運ぶ姿を見たことがある人も多いだろう。そんなとき、あなたは母親に手を貸しますか? それとも見過ごしますか?

 ネット上で「ベビーカー問題」は炎上しがちなトピックだが、今回炎上してしまったのはビジネス系ウェブマガジン「PRESIDENT Online」が10月6日に公開した、「日本男子は、なぜベビーカー女子を助けないのか」というタイトルの記事。疑問についての回答を男性ライターと女性ライターがそれぞれ述べるという趣旨のコーナーだった。

 このコーナーの女性ライターで、女性のライフスタイルやワーキングマザーの事情に詳しい佐藤留美さんは、「日本人男性がベビーカーを手助けしない理由は2つある」と説明。

 「日本の男性が置かれた過酷な勤務状況が、その背景にあると思います。(中略)この忙しさでは、周囲の困った人に手をさしのべる余裕を失いがち」という理由と、友人のデンマーク人男性の言葉を借りつつ「積極的に女性を助けたりすると『アイツ、何、気取ってるんだ』とか思われる。それが嫌で、日本人男性は見て見ぬふりをしている」と分析した。

 佐藤さんは、この問題の解決法として「日本の女性は、日本の男性に『すみません、ちょっと助けて貰えますか?』って言えばいい」と提案。そして、「日本人は基本的に優しいから、『助けてください』と言ってくる人を素通りすることはない」とし、潜在的には日本人男性もベビーカーの母親を助ける気質があると分析している。
※以上(http://president.jp/articles/-/13601?page=3)から引用

 佐藤さんの回答には読者から批判などはそれほど寄せられていない。炎上してしまったのは、ビジネス誌などで執筆する男性ライターの大宮冬洋さんが語る意見。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る