WEDGE REPORT

2016年5月9日

»著者プロフィール

 ロシアはこのほどシリアの世界遺産都市パルミラに本国からオーケストラを連れていき、バッハやプロコフィエフの作品を演奏させた。この戦場の演奏会には外国人ジャーナリスト100人以上を招待し、ロシア機でモスクワなどから運んだ。ロシアのシリア介入の成果を内外にアピールするためのメディア作戦で、プーチン大統領も生出演した。

パルミラ(iStock)

舞台はISの集団首切り円形劇場

 コンサートが行われたのは5月5日。シリア中部、パルミラにあるローマ時代の遺跡の中にある壮大な円形劇場で行われた。パルミラは昨年5月に過激派組織「イスラム国」(IS)に占領され、この3月にシリア政府軍がロシア軍の空爆支援を受けて奪回した。

 ISはパルミラを占領後、「バール・シャミン神殿」など遺跡群の貴重な建築物多数を、イスラムで禁じられている偶像崇拝のシンボルとして破壊した。演奏会が行われた円形劇場はISが占領中に処刑場として使い、捕虜の25人が一斉に首を切断された場所でもある。

 演奏したのはサンクトペテルブルクの「マリインスキー劇場管弦楽団」。プーチン大統領と旧知のゲルギエフ芸術監督が指揮し、約30人が楽器を奏でた。曲目はバッハやロシアの作曲家プロコフィエフのクラシック作品で、ロシア軍兵士やパルミラの住民らの観客を前に演奏された。

 演奏会はロシア国営テレビで生中継され、プーチン大統領も休暇先の黒海の保養地ソチの別荘から出演。「世界はテロとの戦いにおける希望の印として、この歴史的な遺跡を再建するために結束すべきだ」と述べた。

 このコンサートで演奏した中には、タックスヘイブン(租税回避地)をめぐる「パナマ文書」で、巨額の金融取引をしていたことが暴露されたプーチン大統領の古くからの友人、チェロ奏者のロルドウギン氏も含まれている。

 それにしても目立ったのは、このコンサートを開いたプーチン大統領の並々ならぬ熱意だ。外国人ジャーナリストら100人以上をモスクワなどからわざわざ招待。ダマスカスまで航空機で運び、バスを仕立ててパルミラまで連れていった。一部の記者はロシア軍の基地のある地中海のラタキアから輸送した。プーチン氏がいかにプロパガンダに力を入れたかが分かる。

 プーチン大統領はこのコンサートをロシアの軍事介入の成果を誇示するイベントにしたかったようだ。特にロシアの主要な輸出品である原油の価格低下が続き、国内経済が悪化している中、軍事介入への批判が高まりかねず、コンサートでロシア軍がパルミラを解放したことを高らかに宣言することによって、こうした批判を封じ込めようとしたのではないか、と観測されている。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る