Wedgeセレクション

2016年7月1日

»著者プロフィール

自動車産業が壊れる日
自動運転の“先”にある新秩序
著者:川端由美/宮田拓弥/Wedge編集部

▼ご購入はこちら
Kindleストア
iBooks
楽天kobo
honto
Kinoppy(紀伊國屋書店)
BookLive!

  

※ストアによって、販売価格は異なります。「Kindle」と「楽天kobo」は、スマホ・タブレットのアプリでもお読みいただけます。
◇Kindle:方法はこちら
◇楽天kobo:方法はこちら

<内容紹介>
「世界最先端の地」シリコンバレーでは、日々Googleの自動運転車が涼しい顔をして公道を走っている。いま、日本が誇る自動車産業は、その誕生以来最大の危機を迎えている─。【WedgeセレクションNo.56】

目次>

■PART1
米IT企業が先行する「自動運転」開発
壊れだした自動車業界のパワーバランス

文・川端由美・Wedge編集部

■PART2
自動車メーカーは置き去り
Googleが目指す完全自動運転

文・自動車業界関係者

■PART3
欧米自動車メーカーが続々参入
なぜいまカーシェアなのか?

文・宮田拓弥

※この電子書籍は、月刊『Wedge』2016年6月号に掲載された記事を一部編集したものです。記事中の事実関係、データ、肩書き等は掲載当時のものです。

ウェッジ電子書籍シリーズ
「Wedgeセレクション」の商品一覧へ

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る