ドローン・ジャーナリズム

2016年11月27日

»著者プロフィール
閉じる

渡辺秋男 (わたなべ・あきお)

クレセントエルデザイン代表

1976年、東京都生まれ。(有)クレセントエルデザイン代表。かつてヘリコプターのエンジニアだった父を持つ。日本機械学会の100周年にちなんだ『100ジュールロボットコンテスト』において、ヘリコプターをモチーフにした作品を出品し創造賞を受賞。現在はシステム開発やウェブ制作の会社を経営し、ドローンによる空撮サービスも行う。空撮映像はフランス国営テレビやNHKをはじめ世界から評価を得ている。
 

 今年2016年はドローンの新製品がたくさん発表された。

 3月には、世界初の障害物センサーが搭載されたドローン、6月には業務用の中型ドローン、また農薬散布もできる大型のドローンも発表された。そしてこの秋、折りたたみ式のコンパクトドローンが最大手のメーカーであるDJIから発売となった。総重量は約750グラム。折りたたんだ状態はペットボトルとほぼ同型のサイズで女性のハンドバックにもすっぽり入るほどの小ささである。

キャプション:DJI 『MAVIC PRO』

 まずは、この新型コンパクトドローンDJI 『MAVIC PRO』で撮影した映像を見ていただきたい。

DJI MAVIC PRO / Aerial view of Mt.Fuji and a yoga girl

 本映像の空撮部分はこのコンパクトドローンで撮影した。冒頭のシーンは日の出直後の富士北麓にある湖と富士山。朝日に向かって飛んだため逆光だったが、白飛びすることもなく美しい朝日と富士山をフレームにおさめることができた。コンパクトでありながら4Kカメラを搭載し高性能なスタビライザー(カメラの水平安定装置)を装備しているので、ブレのない美しい映像を空撮することができる。この辺りのスペックは最近のドローンのトレンドと遜色がない。

 映像の後半部分には、女性が『MAVIC PRO』をカバンから片手で取り出し、折りたたんだ状態からわずか数秒で組み立てているシーンがある。

 

 従来のドローンは、プロペラを外した状態でアタッシュケースのような箱に入れて持ち運ぶことが多く、飛行前の準備に時間を要した。それにくらべこのドローンはプロペラ自体も半分に折りたたむことができ、機体にプロペラを付けたままカバンにしまうことも可能だ。操縦は従来機同様、専用のコントローラーを使って行うこともできるのだが、さらにスマートフォンのみでも操縦可能となった。つまり機体とスマホだけ持ち歩けば、簡単に空撮することができるのだ。ドローンが小さくなればこれまで持っていくのをためらうようなシーンでも気軽に携帯することができる。例えば、ただでさえ荷物の多い海外旅行に行く場合でも、自分の手荷物に加えても気にならない。また、山岳地帯や災害現場など、大荷物を持ち込むのには大変な場所へのドローンの携行も容易になり、雪山等の遭難者の発見や救助活動などの分野にも期待が持てる。

 

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る