• 蒸し返される9.11関与疑惑 <br />米・サウジ関係窮地に

    蒸し返される9.11関与疑惑
    米・サウジ関係窮地に

    2016年05月26日 岡崎研究所

    米議会は9.11遺族がサウジ政府を訴えられる法案を成立させるかもしれず、十分な調査が行われぬまま関係者が罪を着せられる恐れがあり、両国関係は悪化の一途を辿る。・・・

  • 米露中がしのぎ削る新たな核開発

    米露中がしのぎ削る新たな核開発

    2016年05月25日 岡崎研究所

    米露中は最新兵器開発にしのぎを削り、戦略状況が変わりつつある。その一環としての核兵器小型化は、核兵器使用の敷居を下げる可能性を持つ。・・・

  • 中国の一帯一路イニシアティブ<br />影響力はどこまで及ぶのか?

    中国の一帯一路イニシアティブ
    影響力はどこまで及ぶのか?

    2016年05月24日 岡崎研究所

    一帯一路イニシアティブは単なる経済的なプロジェクトではなく、政治的な影響も当然あるが、一方で中国が思い描くような地域秩序が築けるかどうかは疑問である。・・・

  • 戦闘機は不要?<br />再考迫られる台湾安全保障政策

    戦闘機は不要?
    再考迫られる台湾安全保障政策

    2016年05月23日 岡崎研究所

    中台間の軍事バランスは中国有利である。人民解放軍が大規模攻撃に出た場合、台湾の戦闘機は役割を果たせないことが予想され、台湾安全保障政策は再考を迫られている。・・・

  • イラク危機を救うのは米とイラン?

    イラク危機を救うのは米とイラン?

    2016年05月20日 岡崎研究所

    イラクは財政問題とISとの戦いに直面しており、政治的な危機は避けなければならないが、危機へと向かいつつある。このような現状を打開できるのは米国とイランである。・・・

  • さらに前進した米印防衛協力

    さらに前進した米印防衛協力

    2016年05月19日 岡崎研究所

    カーター訪問においてはロジスティックスの相互支援に係る協定の原則合意であり、近いうちに署名に至るとされるが、非同盟を旨とするインドではこの協定はインドの戦略的自立性を害する懸念が強く、長年棚晒・・・

  • しゃべりすぎるオバマ <br />8年の外交を総括

    しゃべりすぎるオバマ
    8年の外交を総括

    2016年05月18日 岡崎研究所

    ゲーツ元国防長官は「オバマの外交は思われるほど悪くはない。その響き方がその効果を減殺している」と述べるが、オバマ外交をどう評価すべきなのだろうか。・・・

  • ついに北朝鮮制裁加わった中国 <br />その効果はいかほど?

    ついに北朝鮮制裁加わった中国
    その効果はいかほど?

    2016年05月17日 岡崎研究所

    核実験から2カ月を経て、中国は北朝鮮へ制裁を科す安保理決議の採決に加わった。他方で制裁には一部の例外も設けられており、今回の裁決は前進といえるのだろうか。・・・

  • 米国は中国の「いじめっ子」姿勢を正せ

    米国は中国の「いじめっ子」姿勢を正せ

    2016年05月16日 岡崎研究所

    近年太平洋地域で“いじめっ子”のごとく振る舞う中国に対し、米国は対応しきれていない。中国海洋覇権に対し、決意を持った対応を示すことが米国には求められている。・・・

  • 南シナ海問題には長期戦で臨め

    南シナ海問題には長期戦で臨め

    2016年05月13日 岡崎研究所

    中国は南シナ海に戦闘機などを配備し軍事化を続ける。南シナ海問題は重要貿易路の航行の自由に関わり、米中間の長期的競争の一部として軍事的覚悟を持って臨むべきである。・・・

  • ミャンマーの民主化道半ば

    ミャンマーの民主化道半ば

    2016年05月12日 岡崎研究所

    54年の軍政が終わり、文民大統領が就任したミャンマー。しかし、アウンサンスーチーとNLDが統治を許されるかどうかは、これからの問題である。・・・

  • ベルギーテロ、狙いは原発だった?<br />現実味帯びる原発テロの脅威

    ベルギーテロ、狙いは原発だった?
    現実味帯びる原発テロの脅威

    2016年05月11日 岡崎研究所

    ベルギー治安当局は、先月ブリュッセルを攻撃したテロリスト達の当初の標的は、原子力発電所であったと考えているが、原発におけるテロ対策はいまだに不十分である。・・・

  • やりすぎ禁物! 経済制裁に潜む罠

    やりすぎ禁物! 経済制裁に潜む罠

    2016年05月10日 岡崎研究所

    経済制裁は軍事力より安上がりでありながら、相手国により有効に圧力を加えられるため、近年の米外交政策の特効薬となっている。しかしその発動には注意も必要である。・・・

  • イラクが米国との関係改善を望むワケ

    イラクが米国との関係改善を望むワケ

    2016年05月09日 岡崎研究所

    11年の米軍イラク完全撤退は力の真空を作り出したが、穴埋めはイランが担った。しかしイランの影響力が強まる中、イラクでは米国との関係強化を望む声が強まっている。・・・

  • トランプ人気で危機に曝される米国の価値観

    トランプ人気で危機に曝される米国の価値観

    2016年04月29日 岡崎研究所

    ブリュッセルテロを受け、トランプはテロ容疑者への水責め、クルーズはイスラム教徒居住地のパトロールを提唱するが、このような主張は米国の価値観に反したものである。・・・

  • “トランプ外交”実現したらどうなる?

    “トランプ外交”実現したらどうなる?

    2016年04月28日 岡崎研究所

    当初の勢いは削がれつつあるものの、いまだ根強い人気を誇るトランプ候補。しかし、もし彼が大統領に選出されてしまったら米国の対外関係に与えるダメージは計り知れない。・・・

  • 蔡英文就任演説が中台関係に及ぼす影響は

    蔡英文就任演説が中台関係に及ぼす影響は

    2016年04月27日 岡崎研究所

    5月20日に蔡英文がどのような就任演説を行うのかは内外からの注目が集まっており、その内容いかんによっては中台関係が悪化する可能性も考えられる。・・・

  • サウジ批判展開のオバマ <br />関係改善は次期大統領にかかる

    サウジ批判展開のオバマ 
    関係改善は次期大統領にかかる

    2016年04月26日 岡崎研究所

    アトランティック誌のインタビューでオバマがサウジを批判したのは異例であり、両国関係は脆弱化を極めているが、オバマ任期中の両国関係改善はもはや不可能かもしれない。・・・

  • プーチン工作で隠蔽 クリミアの悲惨な実態

    プーチン工作で隠蔽 クリミアの悲惨な実態

    2016年04月25日 岡崎研究所

    併合から2年が経ったクリミアは欧州から孤立し、経済は壊滅状態にあるが、それにも関わらず欧州ではウクライナ問題におけるロシアへの経済制裁解除論が言われ始めている。・・・

  • 個人崇拝という劇薬を飲んだ習近平

    個人崇拝という劇薬を飲んだ習近平

    2016年04月22日 岡崎研究所

    中国社会が激しい変化に見舞われる中、全人代では相も変わらぬ政治ショーが繰り広げられた。しかし、そんな従順な全人代への締め付け強化からは習近平の不安が垣間見える。・・・

nextpage

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍