「バタフライ・エフェクト」と呼ばれるカオス理論の予測困難性を表す表現は有名ですが、実際に小さな蝶が遠くの竜巻を起こすかは定かではありません。しかし人類の長い歴史に目を向け紐解いていくと、まったく無関係にみえる事柄が、思いもよらない事象や結末にたどり着くこともしばしば。世界は大小さまざまな要因が複雑に絡み合いながら、今を形成しています。本記事でご紹介する書籍はただ歴史をなぞるだけでなく、独自の視点を交えながら新しい解釈を与えてくれます。過去に学び、未来を予測する、そんな「世界を知る」ための5冊です。

1.戦略の地政学 ランドパワーVSシーパワー

秋元千明

戦略の地政学 ランドパワーVSシーパワー

なぜ、世界中で争いがなくならないのか? 日本は今後、どう進めばいいのか? 国際情勢を読み解く鍵「地政学」について、安全保障の専門家がわかりやすく語った1冊。

書籍詳細を見る

 

地理的な環境や歴史、文化、伝統が国家の戦略形成にどのような影響を与えているかを総合的に判断する「地政学」の視点から、本書では現代の国際情勢を読み解き、日本のとるべき外交や国家戦略について語られています。地域紛争の多発、国際テロの激化、中国やロシアの拡張主義、ポピュリズムの昴揚による民主主義の危機など…世界が混迷に陥るなかで、大局を見通すための視点として地政学の有用性を丁寧に解説してくれます。占有する領地や海洋資源など、同じ大国でも地理上の条件が異なるとこうも戦略に違いがあるのかと、学問としての地政学にも興味を持てる一冊です。

2. 李登輝より日本へ 贈る言葉

李登輝

李登輝より日本へ 贈る言葉

元台湾総統李登輝の最新著書!日本と中国の本質を知り尽くした哲人政治家が、再生日本に向けた愛情と期待に満ちた激励の言葉。

書籍詳細を見る

 

12年間台湾の総統をつとめた李登輝自身が語った、日本そして日本人に向けた言葉の数々が収録されています。今でこそ親日のイメージも強い台湾ですが、それを決定的にしたのは2011年3月11日の東日本大震災のときの、220億円以上ともいわれる金銭的援助でしょう。過去には日本の統治下にもあった人口わずか2300万人の小さな島国が、なぜそこまで、他の国々以上に支援や心を寄せてくれたのか。本書では李登輝の経歴を振り返りながら、近隣の中国や韓国とも違う台湾のメンタリティと日本の関係性をあらわにし、これからの日本に進むべき指針を与えてくれます。

3. 総統とわたし「アジアの哲人」李登輝の一番近くにいた日本人秘書の8年間 

早川友久

総統とわたし 「アジアの哲人」李登輝の一番近くにいた日本人秘書の8年間

日本を思い台湾を愛した「元日本人」、李登輝の人間像に迫る

書籍詳細を見る

1988年から2000年まで台湾の総統を務めた李登輝(り とうき)。その秘書として最後の8年間をともに過ごした日本人が、著者でもある早川友久(はやかわともひさ)さんです。今でこそその先進性が話題となる台湾ですが、「台湾民主化の父」と称された李登輝・元台湾総統によるところも大きく、一番近くにいたからこそ知ることができた数々のエピソードが本書には収録されています。学生時代に台湾旅行をした著者が、そこからいかにして台湾総統の秘書に指名されるまでに至ったのか。近年の台湾の歴史を知るだけでなく、著者の数奇な人生ストーリーも一緒に辿れる読み物になっています。

4. なぜ日本の「正しさ」は世界に伝わらないのか 日中韓 熾烈なイメージ戦

桒原響子

なぜ日本の「正しさ」は世界に伝わらないのか 日中韓 熾烈なイメージ戦

領土問題でも歴史認識を巡る問題でも、日本の「正しい」主張はなぜ伝わらないのか? 日本が採るべき戦略とは…。

書籍詳細を見る

昨今の国家間の外交手法において、政府が相手国の世論に直接働きかける「パブリック・ディプロマシー(広報文化外交)」の重要性が一層高まっています。反日ロビー活動を推し進める韓国、その活動を一部支えながら世界へのプレゼンスを強める中国など、隣国の発言力が増すごとに日本もとるべき対応や立場を明確にする必要に迫られているのです。単なるイメージ戦略を越えたパブリック・ディプロマシーの重要性について、身近な韓国・中国との関係を基に解説してくれるのが本書です。著者は国際公共政策、パブリック・ディプロマシー、ストラテジック・コミュニケーション、メディア研究等が専門の桒原(くわはら)響子さん。新進気鋭の若手研究者が見据える、現代ならではのアジア情勢の考察に唸らずにはいられません。

5.逆さ地図で解き明かす新世界情勢 東アジア安保危機と令和日本の選択

松本 利秋

逆さ地図で解き明かす新世界情勢
東アジア安保危機と令和日本の選択

「逆さ地図」が示す令和日本が生き残る知恵。 2020年の大局を読む!新視点の地政学で描く12のシナリオ。 【巻頭カラー】目からウロコの「逆さ地図」収録!

書籍詳細を見る

令和の激動ともいえるアジア情勢を、「逆さ地図」を用いることで固定観念にとらわれない発想で読み解く意欲作。いつもは見慣れた北を上、南を下にした地図も、反対にすることで巨大な中国やそのランドパワーを利活用したい韓国・北朝鮮と、海洋の先にある日本、そしてそのバックにある大国アメリカの構図として見えてきます。活発な動きを見せる周辺諸国に対して、日本がどのように関わっていけるのか。各章で地政学上に見られる傾向や前提整理を行いながら、推論として用意される「結論として」の項目は新しい見解を添えてくれます。

 

「現在」という時間はどこまでいっても過去の連なりでしかなく、その先の未来もまた同様に今の積み重ねです。さまざまな視点から過去を紐解き、今の世界の成り立ちを知ることで、目指すべき将来像を思い描く。そんな人生の糧となるような5冊のおすすめ書籍、ぜひお手にとって読んでみてください。