中国人観光客はいま

2017年10月19日

»著者プロフィール
著者
閉じる

中島恵 (なかじま・けい)

ジャーナリスト

1967年山梨県生まれ。新聞記者を経てフリージャーナリスト。主な著書に『中国人エリートは日本人をこう見る』『中国人の誤解 日本人の誤解』(ともに日本経済新聞出版社)、『爆買い後、彼らはどこに向かうのか?』(プレジデント社)、『なぜ中国人は日本のトイレの虜になるのか?』『中国人エリートは日本をめざす』(ともに中央公論新社)、『なぜ中国人は財布を持たないのか』(日本経済新聞出版社)などがある。

 中国でアリババに次いで人気の高い巨大ショッピングサイト、JD.com(京東商城)。同社では海外70か国の商品を扱う越境EC(海外の商取引)、「京東全球購」が人気だが、2015年6月、日本商品を専門に扱う「日本館」がオープンした。「日本館」を担当する郭季柔氏に中国人の越境ECでの買い物の傾向などを聞いた。

――JD.com京東は急拡大していますね。

郭氏:JD.com京東は2004年に創業した中国企業ですが、2016年の総取引額は日本円に換算すると15兆8000億円と過去最高を記録しました。米国のフォーチュン誌が発表している収入ランキング『フォーチュン500』でも今年は261位(昨年は366位)と、中国企業として唯一、2年連続で選出されました。年間のアクティブユーザーは約2億6000万人。自社の物流システムもあり、大型倉庫だけで335か所、配送ステーションは約7000か所を所有、中国の99%の人口をカバーしています。オンラインとオフライン両方合わせると、中国最大の小売り業者といえます。海外商品を扱う「京東全球購」では約2万ブランド、1000万アイテムを扱っています。

JD.com京東の巨大な倉庫

――「日本館」ができたということは、日本の商品の需要が高まっているのでしょうか?

郭氏:そうですね。アメリカの次に人気があるのが日本の商品です。アメリカ、日本、次いでオーストラリアや韓国などの商品も中国人に人気があります。「日本館」で販売している商品はファッション、衣料、インテリア、雑貨、カー用品、家電、食品など多岐に渡っていますが、とくに売れているのは(1)ベビー、マタニティ用品、(2)日用雑貨、化粧品、(3)食品、健康食品です。中でも日本のベビー関連商品は、かわいいデザインや機能性、安心・安全という評判もあって、一人っ子が多い中国で大人気です。今後も、日本のベビー・マタニティ用品の需要は伸びていくと思います。

 2015年から2016年にかけて、日本で「爆買い」ブームとなったときには、日本の商品の売上高は前年比3桁増の目覚ましい成長を遂げました。今年の弊社の創業記念日である6月18日(1~18日までがスペシャルセール期間)には全体としても約2兆円の受注額を達成しました。

――「爆買い」の後の状況はいかがでしょうか?

郭氏:「爆買い」によって日本の商品のよさを初めて知り、その後、ご存じのように中国人の旅のスタイルは変化してきました。越境ECを通して日本の商品はすぐに手に入るようになりましたので、旅行では買い物以外の楽しみ方をする人が増えてきたと思います。越境ECのメリットを端的にいえば、海外に行かなくても、中国で販売されていない商品を好きなとき、好きな時間に買えること。旅行によりさまざまな商品の知識を得て、買い物への関心が高まっていますので、日本で「爆買い」をしなくても、買い物そのものへの熱が冷めたわけではないと思います。

 弊社が行った調査では、越境ECでの購買動機は「品質保証ができている」(61%)、「コストパフォーマンスが高い」(59%)、「中国国内で買えない」(52%)、「そのブランドが好き」(46%)などがあります。また、商品については、「豊富で選択肢が多い」(43%)、「海外で購入経験があり、使い続けたい」(35%)という声があります。まず海外で購入して、越境ECでリピート買いをする人が増えてきましたので、越境ECもインバウンドの延長線上にあると思います。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る