補講 北朝鮮入門

2018年1月4日

»著者プロフィール
閉じる

礒﨑敦仁 (いそざき・あつひと)

慶應義塾大学准教授

1975年東京都生まれ。慶應義塾大学商学部中退。在学中、上海師範大学で中国語を学ぶ。慶應義塾大学大学院修士課程修了後、ソウル大学大学院博士課程に留学。在中国日本国大使館専門調査員、外務省専門分析員、警察大学校専門講師、東京大学非常勤講師、ジョージワシントン大学客員研究員、ウッドロウ・ウィルソンセンター客員研究員を歴任。慶應義塾大学専任講師を経て2015年から現職。共編に『北朝鮮と人間の安全保障』(慶應義塾大学出版会、2009年)など。

[執筆記事]
著者
閉じる

澤田克己 (さわだ・かつみ)

毎日新聞記者、前ソウル支局長

1967年埼玉県生まれ。慶応義塾大法学部卒、91年毎日新聞入社。99~04年ソウル、05~09年ジュネーブに勤務し、11~15年ソウル支局。15年5月から論説委員。著書に『「脱日」する韓国』(06年、ユビキタスタジオ)、『韓国「反日」の真相』(15年、文春新書、アジア・太平洋賞特別賞)、訳書に『天国の国境を越える』(13年、東洋経済新報社)。礒﨑敦仁慶応義塾大准教授との共著『LIVE講義 北朝鮮入門』(10年、東洋経済新報社)を大幅に改訂した『新版 北朝鮮入門』(東洋経済新報社)を17年1月に刊行予定。

 北朝鮮の金正恩国務委員長は元日の「新年の辞」で、「米本土全域がわれわれの核攻撃の射程圏内にあり、核のボタンが私の執務室の机上に常に置かれている」と述べた。米国への敵対姿勢を示すものとして目を引きやすいポイントだったが、全体から読み取れる最大の特徴はむしろ韓国への対話攻勢だった。

毎年元旦に発表される金正恩委員長の「新年の辞」。今年の注目点は……
(提供:KNS/KCNA/AFP/アフロ)

 毎年元旦に発表される金正恩委員長の「新年の辞」は、前年を総括し、新年の施政方針が示されるものとして北朝鮮国内で重視される重要文献である。わが国でも北朝鮮の動向を知るための分析材料となっているが、今年のそれは、大きな注目点が見られなかった昨年や一昨年のものとはうってかわって興味深い内容であった。

 予告通り午前9時(日本時間午前9時30分)に朝鮮中央テレビで映像が流れはじめるや、金正恩委員長のスーツの色に目が行った。「肖像徽章」(金日成・金正日バッジ)を付けないスーツ姿は昨年と同様だが、今年はこれまでに見せたことのない明るいグレーのスーツだった。金正恩氏が朝鮮労働党第1書記に就任した2012年4月からスーツ姿の写真が公開され、その後もたびたびスーツ姿で登場してきたため、それ自体は目新しいことではない。ただ、演出かどうかは分からないが、今回は党庁舎と思われる建物の壁の色も明るくなったことから印象に残りやすかった。

 金正恩委員長による「新年の辞」は、今回で6回目。活字ベースで9,048字と分量は昨年に比べて微増だった(2017年は8,126字)。南北統一問題(対韓政策)についての言及は全体の23.2%を占め(2017年は17.0%)、内容的にも刮目に値するくだりが多かった。

際立った韓国への対話攻勢

 最も注目すべきは、韓国の平昌で2月9日から開催される冬季五輪について金正恩委員長自ら言及したことだ。金正恩委員長は「民族の地位を誇示する好ましい契機になる」として「代表団の派遣を含めて必要な措置を講じる用意」があり、「成功裏に開催されることを心から願っています」と述べた。そもそも北朝鮮では韓国での「冬季五輪」開催(「新年の辞」での出現回数2回、以下同)について公表されておらず、『労働新聞』の記事や論説で触れる際には「国際行事」などとぼやかした表現を用いてきた。

 金正恩委員長の「新年の辞」で南北関係について踏み込んだ言及がなされたのは今年が初めてではない。2014年には「百害あって一利無しの誹謗中傷を終えるとき」であり、「統一を望む人ならば誰であれ過去を不問に」するなどと述べたのに始まり、2015年には「われわれ式社会主義が最も優越しているものの、けっしてそれを南朝鮮に強要せず、強要したこともない」として、「雰囲気と環境が整えば、最高位級会談(首脳会談)もできない理由がない」とまで述べていた。

 しかし、韓国側が北朝鮮に強硬な姿勢を取った朴槿恵政権だったこともあり、南北関係が大きく進展することはなかった。2016年には一転して「無慈悲な正義の聖戦」や「祖国統一大戦」といった表現が見られ、1月6日の「初の水爆実験」を端緒として北朝鮮は核・ミサイル開発に邁進するようになる。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る