補講 北朝鮮入門

2018年2月13日

»著者プロフィール
著者
閉じる

澤田克己 (さわだ・かつみ)

毎日新聞記者、前ソウル支局長

1967年埼玉県生まれ。慶応義塾大法学部卒、91年毎日新聞入社。99~04年ソウル、05~09年ジュネーブに勤務し、11~15年ソウル支局。15年5月から論説委員。著書に『「脱日」する韓国』(06年、ユビキタスタジオ)、『韓国「反日」の真相』(15年、文春新書、アジア・太平洋賞特別賞)、訳書に『天国の国境を越える』(13年、東洋経済新報社)。礒﨑敦仁慶応義塾大准教授との共著『LIVE講義 北朝鮮入門』(10年、東洋経済新報社)を大幅に改訂した『新版 北朝鮮入門』(東洋経済新報社)を17年1月に刊行予定。

 「北朝鮮では餓死者が出ているというニュースを見ていたので、そんな国から来たという子がぽっちゃりしていたのを不思議に思った」

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の妹、与正(ヨジョン)氏が1990年代後半に留学したスイスの公立小学校を訪れた時、当時を知る女性教師から聞いた言葉だ。毎日新聞ジュネーブ特派員だった私が金正恩氏の情報を探っていた2009年6月のことだった。韓国・聯合ニュースが同年1月に「金正日総書記の後継者は三男の金正恩氏に決まった」と報じ、正恩氏への関心が一気に高まっていた時期だ。

 今回は、兄の特使として訪韓し、文在寅大統領に北朝鮮を訪問するよう要請したことで注目された与正氏について紹介しよう。

文在寅大統領と握手する金与正労働党中央委第1副部長(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

予想していなかった妹の台頭

 最初に告白しておくと、与正氏のスイス生活について多少なりとも取材できた記者はほとんどいないと思われるものの、私の取材も突っ込んだ内容のものではなかった。今になって悔やまれるのだが、与正氏には大きな関心を持っていなかったからだ。正恩氏の足跡を探る途中で与正氏の話にぶつかったから取材したけれど、正恩氏に関する情報を先に見つけていたら妹の留学など調べもしなかったような気がする。それでも、少しは調べたので書いてみようということである。

 冒頭で紹介した女性教師の言葉通り、当時の北朝鮮は「苦難の行軍」と呼ばれる最悪の食料危機に見舞われていた。日本や韓国で流布した「300万人餓死説」はさすがに誇張された数字ではないかと指摘されるものの、国連が支援した国勢調査の解析でもこの時期に数十万人の餓死者が出たと推定されている(『新版 北朝鮮入門』104頁のコラム『「300万人餓死説」は本当か』参照)。

 私はこの時の取材で小学生時代の与正氏の写真を見たが、接写を許可してもらえなかった。その後、聯合ニュースが入手して配信したようで、韓国メディアのサイトでは現在も当時の写真を見ることができる(たとえば2014年12月6日のソウル新聞(電子版)の記事 http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20141206500027)。私が見たのはもう少し幼い時期の写真だったが、まさにこの少女である。写真を見れば、女性教師の言葉も納得できるだろう。

関連記事

新着記事

»もっと見る