公立中学が挑む教育改革

2019年9月13日

»著者プロフィール
著者
閉じる

多田慎介 (ただ・しんすけ)

ライター

1983年、石川県金沢市生まれ。大学中退後に求人広告代理店へアルバイト入社し、転職サイトなどを扱う法人営業職や営業マネジャー職を経験。編集プロダクション勤務を経て、2015年よりフリーランスとして活動。個人の働き方やキャリア形成、企業の採用コンテンツ、マーケティング手法などをテーマに取材・執筆を重ねている。著書に『「目的思考」で学びが変わる 千代田区立麹町中学校長・工藤勇一の挑戦』(ウェッジ)。

学校は「Student First」(学習者本位)であるべき。そんな信念を掲げる北澤嘉孝校長のもと、長野市立東部中学校ではさまざまな改革が進められている。2019年度からは学年担任制(全員担任制)が敷かれ、家庭学習の見直しも始まった。そして校内では、2年生を中心として、生徒が主体的に学校作りに取り組む新たな動きも。「地方都市の普通の公立中学」である東部中学校で何が起きているのか、教員や生徒の話を聞いた。(⇒前編から読む

 

きっかけは校長の「突き抜けたアイデア」

 2年生の校舎を歩くと、「和学(なごがく)」や「本気学(マジがく)」と書かれた掲示物が目に飛び込んでくる。いずれも放課後に生徒が自習するためのスペースとして、空き教室を利用して作られたものだ。ただし、2つの教室の雰囲気は大きく異なる。

 みんなで集まって和気あいあいと相談しながら勉強する場所が「和学(なごがく)」。対して「本気学(マジがく)」では私語が飛び交うことはなく、一人ひとりの生徒が静かに、真剣な面持ちで自習する。

 目的が違うから、2つの教室では机のレイアウトも異なる。和学では机を囲んで座れるようにしているが、本気学では壁際や窓際に机を置いて生徒同士の目線が合うことはない。

和気あいあいと相談しながら勉強する「和学」(写真提供:長野市立東部中学校)
壁に向かって黙々と勉強に取り組む「本気学」(写真提供:長野市立東部中学校)

 これらを考案したのは、東部中学校の音楽教諭であり、2年生の学年主任も務める村上恵美子氏だ。きっかけは北澤校長の何気ない言葉だったという。

 「『新しい教室環境を考えてみたらどうだろう?』と校長が言ったんです。私はてっきり整理整頓を徹底するとか、古くなった机を交換するといった意味合いかと思っていました。でも校長は『そうじゃないんだよね』と」

村上恵美子先生

 ソファを置いて、カフェみたいな空間にして、生徒たちがもっと楽しく勉強できるようにできないかな――。北澤校長はそんなイメージを村上氏と共有した。「校長はいつも突き抜けたアイデアを出してくれますね」と村上氏は話す。

 「ソファはないけれど、使っていない教室を活用すればみんなが自由に集まって一緒に勉強できる場所を作れるかもしれない。それで和学のスペースを作りました。生徒たちが全員、和気あいあいと勉強したいとは限らないので、どこよりも勉強に集中できる場所になるよう本気学も同時に始めました」

 和学や本気学への参加は完全に自由だ。利用を希望する生徒は当日の昼までに、申請シートへ「名前」と「何時まで使いたいか」を記入する。筆者が取材に訪れた平日の昼過ぎにも、たくさんの生徒が名前を書いていた。

関連記事

新着記事

»もっと見る