選挙速報の限界と可能性
「始まったときには終わっている」報道を
どう評価すべきか


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

自民党と公明党が大勝して、政権が交代することになった衆議院選挙は、次のステージの幕開きを告げる序章に過ぎない。

 新しい首班が指名される、26日の特別国会の開幕ベルが鳴るまで、政権の骨格をめぐって、政局は第2幕を迎えている。

 政治は不連続である。一寸先は闇の世界で政治家たちはもがいている。

コラムニストとして選挙の片隅に

 衆院選の投開票日である16日、わたしは東京都知事選の選挙事務所にいたのだった。衆院選と都知事選がダブルでおこなわれるのは、史上初めてである。

 青春時代にそのデビュー作である「天皇の影法師」と「日本凡人伝」を読んで、無名のノンフィクションライターに私淑したのが、この日のわたしの場所であった。

 当選を果たして、第7代の東京都知事に就任した猪瀬直樹氏は、10年後に共通の知人によってその事務所を訪ねたのが交流の始まりである。

 都知事選挙のなかでは、キャンペーンの内容などで意見を述べた。ボランティアのスタッフである。

 選挙戦のなかにいたので、コラムの執筆を絶ったのと、個人の公式ホームページやツイッター、フェイスブックの更新を停止した。

 そこまで慎重になる必要はないのだが、選挙事務所のスタッフとしては、自らの言論がなんらかの形で、選挙戦に影響がでる可能性をゼロにする必要を感じたのだった。

 選挙にかかわるのは、これが初めてではないが、コラムニストとして選挙の片隅にいるのはまったく未経験であった。自ら書くことを封印して。過去の選挙戦では、ビジネスマンとして有給休暇をとって、つまり政治活動の自由の行使として参加したのであった。

東京の冬の美しさに目を奪われる

 選挙戦を戦う側から、この衆院選をみるとき、熱狂なき自民党と公明党の勝利ではなかったか、と思う。わたしは、ボランティアの片隅に位置して、街宣車に乗ったわけでもなく、ビラ配りをしたわけでもない。しかしながら、初冬の首都の町々でおこなわれた候補の遊説には同行して、人々の反応に耳をそばだてたものであった。

次のページ >> 精度が高まる世論調査
1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍