ビジネスパーソンのためのエンタメ業界入門

2013年10月29日

»著者プロフィール
著者
閉じる

山口哲一 (やまぐち・のりかず)

音楽プロデューサー、コンテンツビジネス・エバンジェリスト

1964年東京生れ。音楽プロデューサー、エンタテック・エバンジェリスト。(株)バグコーポレーション代表取締役。『デジタルコンテンツ白書』(経済産業省監修)編集委員。プロ作曲家育成の「山口ゼミ」 、次世代プロデューサーを養成する「ニューミドルマン・ラボ」主宰。エンタメ系スタートアップを支援する「START ME UP AWARDS」実行委員長。異ジャンルのクリエイターが出逢い創る「クリエイターズキャンプ真鶴」オーガナイザー。プロデュースのテーマは、テクノロジー&ソーシャルメディア活用、グローバルな活動、異業種コラボレーションの3つ。エンターテインメントとテクノロジーに関する知見を活かして、パネルディスカッションのモデレーターやITサービスへのアドバイザーとしても活動している。最新刊『新時代ミュージックビジネス最終講義』(リットーミュージック)の他、著書多数。詳細プロフィールはこちら

 9月20日から、NTTドコモでもアップル社のiPhoneの販売が始まりました。iPhoneは世界的に人気のスマートフォンで、日本においてもスマートフォン市場を牽引してきました。当初は、ソフトバンクのみが扱っており、同社は携帯電話市場のシェアを大きく増やしました。2011年10月からKDDIも取扱を始め、今回ドコモの参入で、主要3キャリアが揃って販売を始めたことになります。

iPhoneの販売を開始したNTTドコモ。コンテンツビジネスへの影響は……
(写真:アフロ )

 MNP(ナンバーポータビリティ) 制度によって、通信会社が変わってもユーザーは同じ電話番号を使えるようになったので、携帯電話会社を変える障壁が下がりました。ドコモは、シェアを落とし続けていて、その主要な理由はiPhoneを扱っていないことであると言われていました。

 さて、今回のコラムでは、ドコモのiPhone参入のコンテンツビジネスへの影響について分析しながら、コンテンツの生態系について考えてみましょう。

 生態系とは、エコシステムの訳語で、生物学の用語です。理科の授業で食物連鎖について習ったのを思い出しますね。自然界では、個々の生物は本能で行動しているようでも、俯瞰して見ると、その行為は繋がっていて、全体として継続可能(sustainable)な仕組みになっています。コンテンツビジネスにおいては、ユーザーの作品購入が新たな作品制作や、アーティスト育成に繋がる継続可能な仕組みになっているかどうかがとても大切なので、この言葉が使われるようになりました。

アップル社の垂直統合型システムの功績と変容

 2001年からmp3ポータブルプレイヤーiPodの販売を始めたアップル社は、2003年からは音楽配信サービスiTunes Music Storeをスタートさせました。iTunes Music Storeの成長が、従来のCDを中心とした音楽流通の仕組みを大きく変えました。ユーザーは、iTunes Storeで楽曲をPCでダウンロードして、iPodに簡単に同期することができ、PCでもiPodでも、音楽を自由に楽しむことができるようなったのです。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る