あなたが知らない街のNews みんなの経済新聞

2014年3月25日

»著者プロフィール

 こんにちは。「みんなの経済新聞ネットワーク」(略して『みん経』)です。2020年の東京五輪開催が決定し、6年後に向けて今から英語をマスターしようと考えている人も多いのではないでしょうか。開催決定の影響からか、英会話に関するニュースが続々と届いています。そこで、全国の「英会話」にまつわる店やイベントを紹介します。

酒を飲みながら勉強できる
下北沢の英会話バー

 英会話を学ぶとき、本やCDを買って勉強したり、スクールに通ったりする方法が一般的ですが、下北沢にはちょっと変わった方法で英語が学べる店があります。

* * *

下北沢に英会話バー、質問カードなども使いスタッフが会話を誘導
(下北沢経済新聞/2013/4/2)

 下北沢北口に4月1日、英会話バー「LanCul(ランカル)」(世田谷区北沢2、TEL 03-5738-7456)がオープンした。

左から、オーナーの阪野思遠さんとフィンランド出身のスタッフ、ダニエルさん

 店舗面積は約20坪で、席数は最大40席。カフェやバーとして利用しながら、スタッフと英語で話せるのが同店の特徴。ターゲットは20~30代の大学生や社会人で、「スクールに通いたいが時間やお金がない」という層を取り込むのが狙いだ。

 オーナーの阪野思遠さんは、「好まれる」英会話バーの条件について、「通いやすい」「楽しい」「リーズナブル」の3項目を挙げる。「通いやすい」を実現するため予約制をとらず、自分の好きな時間に立ち寄れる。「楽しい」のための工夫も多く、スタッフとの会話や内容に不安を感じる人のために「モノポリー」などのボードゲームを用意。「お金持ちの不器量か、貧乏なハンサムならどっちがいい?」など、英語で書かれたユニークな質問カードなどを使って、日本語も話せる外国人スタッフが会話を誘導する。スタッフは3人~5人が常駐する。

 料金形態は、チャージが2時間で1,000円。1カ月間ノーチャージとなる月謝制(5,000円)も用意する。ドリンクは、ジントニックやカシスオレンジなどのカクテル各種(580円~)やビール(680円~)、コーラやウーロン茶などのソフトドリンク各種(480円)など。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る