世界の記述

2014年8月27日

»著者プロフィール

 アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビで韓国のテレビ番組が放映され人気を博している。アブダビでは韓国放送公社(KBS)の国際放送を通じてショー番組やドラマ、ニュースなどを見ることができるのだ。

 数年前、韓国企業がUAEから原子力発電所の建設事業を受注したが、韓流ドラマを先行輸出した効果ということが当時噂されていた。まずテレビ番組というソフト産業で入り込み国民に親近感を抱かせ、その後のビジネス獲得につなげるとの戦略だ。

5月、UAEへの韓国原子炉納入式典に出席した朴槿恵大統領(YONHAP/AFLO)

 確かに以前のUAEではアジアといえば「安全・安心な日本」「優しく親切な日本人」とのイメージが定着していた。だが韓国テレビ番組の放映開始後にはそれも変わり、韓国や韓国人に対する好感度が上昇したようだ。筆者は、はっきりした物言いの韓国人の方が日本人より分かり易くて良いとの評価が出てきていると感じている。

 韓国人のイメージが変わった一つの例を挙げてみる。韓国恋愛ドラマの影響があるのだろう。UAE人の知人の娘さんは韓国の男の子は素敵だと言っている。またテレビの影響力の大きさを示すように韓国語を習うUAE人も増えているし、大学などでも韓国研究会なども出来ている。

 ドバイでいわゆる「なんちゃって日本料理店」を開いている日本大好き人間を自称する筆者のUAE国籍の友人も、とうとう今年の4月には初の韓国旅行を行っている。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る