ロシアが新世代打ち上げロケットの発射試験に成功
宇宙戦力建て直しとなるか


小泉悠 (こいずみ・ゆう)  財団法人未来工学研究所客員研究員

1982年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。民間企業を経た後、2008年から未来工学研究所。09年には外務省国際情報統括官組織で専門分析員を兼任。10年、日露青年交流センターの若手研究者等派遣フェローシップによってモスクワの世界経済・国際関係研究所(IMEMO)に留学。専門は、ロシアの軍事・安全保障政策、軍需産業政策など。著書に『ロシア軍は生まれ変われるか』(東洋書店)。ロシアの軍事情報を配信するサイト「World Security Intelligence」(http://wsintell.org/top/)を運営。

メディアから読むロシア

(画像:iStock)

»最新記事一覧へ

12月23日、ロシア航空宇宙防衛部隊(VVKO)は、アルハンゲリスク州にあるプレセツク宇宙基地からアンガラ-A5ロケットを打ち上げた。

 これについて国営ノーヴォスチ通信(12月23日付)は、オスタペンコ連邦宇宙庁長官の誇らしげな発言を次のように伝えた。

 「重量級ロケット打ち上げ機アンガラ-A5の初の打ち上げ試験プログラムは成功裏に実施され、ダミー衛星は予定の軌道に投入された。この成功は、新型ロケットの間断ない計画作業と開発作業に携わった多くの人々の努力の成果である。彼らの力により、ロシアは改めて先進宇宙大国としての地位を確固たるものとすることができた」

 アンガラは1990年代から開発が続いていたロシアの新世代主力打ち上げロケットである。燃料タンクとエンジンから成る標準モジュール(URM)を組み合わせ、小型から大型まで様々なサイズへのバリエーション展開が可能という特徴を持つ。このため、現在のロシアが衛星打ち上げに使用しているロケットのうち、ソユーズ系を除く多くのロケット(プロトン-Mやゼニット-3、ロコットなど)を一挙にリプレースすることが可能だ。

 その最初の試験発射は今年7月に実施されたばかり。今回の打ち上げは通算第2回目で、A5型としては初めての発射試験であった。

プーチン大統領も成功を高く評価

 モスクワ時間午前8時57分に発射台を離れたアンガラ-A5は、全ステージのエンジンが正常に作動し、12分後には衛星(ただし、今回の打ち上げでは重量2tのダミーを搭載していた)を最終的な軌道に乗せるための上段ブロック、ブリーズ-Mへとミッションを引き継いだ。ブリーズ-Mも順調に動作し、最終的に3万5800kmの地球静止軌道にダミー衛星を投入することに成功している。

 この発射試験の模様はビデオ会議でプーチン大統領も参観した。

 ショイグ国防相から発射成功の報告を受けたプーチン大統領は、「私から皆さんに発射成功のお祝いを申し上げる。本日、重量級打ち上げロケット、アンガラ-Aの発射試験が計画通りに実施され、成功した。我が国のロケット・宇宙分野にとって、なかんづくロシアにとって、これは大きな、非常に重要な出来事である」と発言。さらに、アンガラには最新の技術が用いられ、それによって既存及び将来型の軍用・商用・科学衛星をあらゆる軌道に投入することができると述べた上で、次のように続けた。

宇宙開発に力を入れるロシア(写真:Alexei Nikolsky/RIA Novosti/AP/アフロ)
1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「メディアから読むロシア」

著者

小泉悠(こいずみ・ゆう)

財団法人未来工学研究所客員研究員

1982年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。民間企業を経た後、2008年から未来工学研究所。09年には外務省国際情報統括官組織で専門分析員を兼任。10年、日露青年交流センターの若手研究者等派遣フェローシップによってモスクワの世界経済・国際関係研究所(IMEMO)に留学。専門は、ロシアの軍事・安全保障政策、軍需産業政策など。著書に『ロシア軍は生まれ変われるか』(東洋書店)。ロシアの軍事情報を配信するサイト「World Security Intelligence」(http://wsintell.org/top/)を運営。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍