NHK「美女と男子」
コメディアンヌ・仲間由紀恵の新鮮な魅力
イケメン・町田啓太と描く芸能界裏事情


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

コメディアンヌ・仲間由紀恵がもどってきた。NHK「美女と男子」は仲間が演じる芸能マネジャーの沢渡一子と、向坂遼役の町田啓太が、芸能界に挑む物語である。

 連続テレビ小説「花子とアン」で仲間が演じた、恋多き女の葉山蓮子役は酒に溺れて、男性遍歴を繰り返す汚れ役でもあった。

 「美女と男子は」は4月14日からスタートして、毎週火曜(午後10時)放映の20回が予定されている。ゴールデンタイムの最近の連続ドラマとしては、長丁場である。

 阿部寛とのコンビによるドラマ・映画の「TRICK」で、下手な奇術師を演じてコメディアンヌとしての才能を見せた仲間は、いうまでもなく大河ドラマ「功名が辻」の山内一豊の妻役など、演技派の女優でもある。

 「美女と男子」は、そんな仲間が新しい魅力のある演技に挑戦している。

喜劇の筋道の真ん中を歩む
田渕久美子の脚本

 大手IT企業・班目(まだらめ)コーポレーションで働く沢渡一子(仲間)は、仕事はできるが周囲と人間関係をうまくとれない。いわゆる「上から目線」のサラリーパーソンである。一子の才能を惜しむ、上司の塩田充(浅野和之)は社長の班目晴彦(草刈正雄)が出資している、下町の小さな芸能プロダクションに出向させて、人間として成長させようとするのだった。

 東京スカイツリーを近くに臨む、「ひのでプロモーション」が、一子の新しい職場である。社長の並木昌男(森本レオ)と事務・経理の緒方由実(黒坂真美)のふたりだけの事務所。一子はチーフ・マネジャーとなる。

 所属しているのは、かつて「ハローマイラブ!」というロックをヒットさせた歌手の、たどころ晋也(高橋ジョージ)が世間に多少は知られているだけで、あとは手の撮影が専門のパーツモデル、声優、自称グラビアアイドル、といったメンバーである。

 工事現場の交通整理をしていた、向坂遼(町田啓太)を路上でスカウトした一子は、「ふたりでレッドカーペットを歩きましょう」と告げる。

 ドラマは、一子と遼が芸能界に挑戦する姿を、一子役の仲間のコメディアンヌぶりを交えて、真面目にかつコミカルに進展していく。笑いあり、涙あり――田渕久美子の脚本は喜劇の筋道の真ん中を歩んでいる。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍