WEDGE REPORT

2015年8月6日

»著者プロフィール
閉じる

磯山友幸 (いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

1962年東京生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年3月末で退社、独立。現在、経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍している。オフィシャルHP(http://isoyamatomoyuki.com/)

著書に『2022年、「働き方」はこうなる』(PHPビジネス新書)、『理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP)、『国際会計基準戦争 完結編』(日系BP)、『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP)など。共著に『オリンパス症候群 自壊する「日本型」株式会社』(平凡社)、『株主の反乱』(日本経済新聞社)などがある。

早稲田大学政治経済学術院(大学院)非常勤講師、上智大学非常勤講師。ボーイスカウト日本連盟理事。静岡県ふじのくにづくりリーディングアドバイザーも務める。

日経ビジネスオンライン(日経BP)、現代ビジネス(講談社)、フォーサイト(新潮社)、月刊 WEDGE(ウェッジ)、月刊 エルネオス(エルネオス出版)、フジサンケイビジネスアイ(産経新聞社)などに連載コラムなどを持ち、定期執筆している。

 山口県山口市阿知須のきらら浜で開かれている「第23回世界スカウトジャンボリー(23WSJ)」の会場を8月2日、皇太子殿下が訪れた。世界スカウトジャンボリーは、4年ごとに中高生年代のスカウトと指導者が世界中から集まるキャンプ大会。今回は7月28日から8月8日までの12日間、158の国と地域から集まった3万3000人を超す参加者が野外生活をしながら、様々な交流プログラムを行っている。

撮影:生津勝隆

 会場を訪れた皇太子殿下は、色とりどりのテントが張られたキャンプサイトを訪れ、スカウトたちを激励されたほか、各国のスカウト活動を展示したテントなどをご覧になった。また、大会期間中最大のイベントである「アリーナショー」でお言葉を述べられた。

 「私自身、日本ジャンボリーに1978年以来、毎回参加してきたほか、1982年と1986年のジャンボリーでは野外料理やテント生活を体験しました。私が非常に大事にしている、その素晴らしく、忘れられない思い出は、今も深く心に染み込んでいます」

 そう皇太子殿下ご自身が英語で語られているように、殿下とボーイスカウトの交流の歴史は長い。殿下ご自身がスカウト関係者に語られたお話によると、学習院の初等科に通われていたころ、学校内のイベントで学習院のボーイスカウト「東京21団(現・豊島1団)」が丸太とロープでモンキー・ブリッジを作り、子供たちを渡らせていたのだという。これをご覧になったのがボーイスカウトとの「出会い」だったそうだ。

撮影:生津勝隆

 1978年に御殿場で行われた日本ジャンボリーには当時の皇太子(今の天皇陛下)ご一家がおそろいで参加された。82年に南蔵王で行われた8回大会では、皇太子殿下が代表スカウトたちとキャンプ生活を送られ、実際にテントで1泊されている。この実現を強く望まれたのは、同世代のスカウトたちとの交流を考えられた今の天皇陛下だったという。

 ジャンボリー会場の一角で、3人の指導者と全国から選ばれた13人のスカウトと共に、キャンプ生活を経験された。夕食を一緒にとられた後、キャンプ・ファイアーを体験され、夜は2人のスカウトと共にテントで就寝された。「一般のボーイスカウトが行っていたキャンプ生活の一端を、できる限り味わっていただこうと考えた」とその際に隊長を務めた杉原正・ボーイスカウト日本連盟先達はのちに語っている。

 よほど強く印象に残ったキャンプだったのだろう。翌83年4月には東京・赤坂にある東宮御所の庭で、同じメンバーによる1泊2日のキャンプが行われたという。来賓用ではない、ボーイスカウト流の本物のキャンプを体験したいというご希望で、テント張りから料理づくり、皿洗いまでを経験されたという。

関連記事

新着記事

»もっと見る