“お見合い恋愛”時代の到来!(前編)

縮まり始めた恋愛結婚との境


にらさわあきこ (にらさわ・あきこ)  文筆家

NHKディレクターとして海外紀行番組や人気スタジオ番組などを多数手がけた後、文筆業に。幸せな生き方を追求して、取材・執筆活動を行う。本サイトでの連載に加筆修正のうえ、書き下ろし原稿を加えた『未婚当然時代~シングルたちの絆のゆくえ』(ポプラ新書)のほか、500人の男女を取材して書いた『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)や、婚活する女性たちの姿を描いた『婚活難民』(光文社)、『婚活に疲れたあなたへ』(マガジンハウス)、『婚活の神様!』(幻冬舎)など著書多数。丁寧に心情に迫る取材姿勢に、定評がある。http://www.nirasawa-akiko.com/

未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ 「まだシングル、ずっとシングル」

毎年上がり続ける未婚率。2010年の国勢調査では、30代後半男性の35.6%、女性の23.1%が未婚で、50歳の時点で結婚していない人の割合を示す“生涯未婚率”は、男性が20.1%、女性が10.6%だった。このまま未婚者たちが増え続ければ、今後、私たちは「人口の半分近くが未婚」という未知の時代を迎えてしまうかもしれない。

このシリーズでは、未婚者たちにインタビューをすることで、未婚者が増えた背景を探ると共に、結婚したい未婚者たちが今後結婚をするためには、「誰がどんなことを行えばいいのか」、また、「結婚に縛られない“絆”にはどのようなものがありうるのか」などのヒントを探ってゆく。

 

»最新記事一覧へ

 「土曜日の午前8時から35歳以下の女性限定で“恋愛力アップ朝活”をします。婚活や恋愛に悩んでいる方は、ぜひ参加しませんか?」

iStock

 そんな案内を私が見つけたのは、5月下旬のことである。

 主催者は、結婚相談所を開いている山本結子さん。自身も婚活を経て、お見合い結婚をした38歳だ。

 彼女とは、以前、結婚事情の原稿を書いたときに、ほかの相談所の女性から紹介していただいて、以来、折々に婚活の「今」を教えてもらっている間柄だ。

 このたびの案内も、彼女のブログで発見した。

 ⇒山本さんのブログ『きららの結婚珍道中!』 

 

恋愛力UP朝会!

 会費は、「1000円+お茶代の実費」。場所はホテルの喫茶室。

山本結子さん

 値段を見た印象では、儲け目的でもなさそうだし、彼女の相談所は人気なので、さらなる会員募集のための開催でもないと思う。ならば、どうして企画したのだろうか?

 気になったので、聞いてみると、「婚活女性を応援したいからですよ」との返事。

 「結婚相談所をやっていると、おおぜいの婚活に伴走することになるのですが、全員がスムーズにいくわけじゃなくて、途中でくじける人たちも多いんです。

 そんなときには、もちろん、私からいろんなアドバイスをするのですが、私が言っても彼らの心に響かないときがある。だけど、同じ婚活仲間の行動だったり言葉だったりならば、すっと入っていったりする……。

 だから、婚活に疲れを感じている人たちに元気になってもらって、幸せな結婚を手にするまで続けてもらうためにも、同じ婚活仲間同士で話し合ったり、アドバイスし合ったりできる場があるといいんじゃないかと思って、企画してみたんです」

 興味を持ったので、私も参加していいか聞いてみたところ、「取材という立場を表明し」「お手伝いしてもらえるなら」という条件で、許可をいただいた。

 そこで、6月半ばに開かれた朝会に出席してきたのである。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ 「まだシングル、ずっとシングル」」

著者

にらさわあきこ(にらさわ・あきこ)

文筆家

NHKディレクターとして海外紀行番組や人気スタジオ番組などを多数手がけた後、文筆業に。幸せな生き方を追求して、取材・執筆活動を行う。本サイトでの連載に加筆修正のうえ、書き下ろし原稿を加えた『未婚当然時代~シングルたちの絆のゆくえ』(ポプラ新書)のほか、500人の男女を取材して書いた『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)や、婚活する女性たちの姿を描いた『婚活難民』(光文社)、『婚活に疲れたあなたへ』(マガジンハウス)、『婚活の神様!』(幻冬舎)など著書多数。丁寧に心情に迫る取材姿勢に、定評がある。http://www.nirasawa-akiko.com/

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍