亡命政府誕生か核放棄か
北朝鮮に残された2つの選択肢


世界潮流を読む 岡崎研究所論評集

世界の流れは、時々刻々専門家によって分析考察されています。それらを紹介し、もう一度岡崎研究所の目、日本の目で分析考察するコラム。

»最新記事一覧へ

カナダのウォータールー大学のウェルチ教授が、1月17日付のDiplomat誌のサイトで、金正恩と非核化の計画につき秘密交渉を行ない、合意できない場合は、国連の議席を亡命政府に与える等して、問題を解決すべきだと提案しています。主要点は次の通りです。

iStock

経済圧力では痛痒感じない北朝鮮

 今までとは違ったやり方が必要である。北朝鮮は既にほぼ全面的な制裁を受けているので追加的な経済圧力に痛痒を感じないだろう。金正恩は小規模、低レベルの核兵器で、外国からの軍事攻撃を抑止できると思っている。

 ただ、金正恩にとって核より大事なものは権力の維持である。権力維持のためならば、核を放棄するかもしれない。

 国際社会が直接クーデターや革命を引き起こすことは到底出来ないが、金正恩に対する疑念の種を国内に蒔くことはできる。より良い道があることをみせることが金正恩に再考させるカギとなる。この方法は次のようになる。

 先ず、金正恩と秘密交渉をする。6カ月という時間を限って、非核化とその見返りとなる「(政治的)確約と経済的報酬」の合意に同意するよう迫る。経済的報酬は金正恩が秘密交渉勝利の利益だと国内に説明できる。

 北朝鮮が合意しなければ、国連総会が北朝鮮の議席を空席にすることを議決する。そしてその議席を亡命政府に与える。北朝鮮の新政府とは、関係の正常化、経済協力の強化、人権の保障などにつき詳細な交渉を行う。新政府は政府側に付く政府・軍の高官への免責を認め、忠誠を誓わない者は国際刑事裁判所に訴える。

 こうなれば北朝鮮の密閉社会は崩れ、既に政府に批判的な人々は金体制の打倒に動くだろう。金正恩は激しく対抗するだろうが、彼は大きなジレンマに直面する。合理的な人間であれば協力の道を選択するだろう。

 この方法には前例がないが、敢えて言えば、第二次大戦の時代に亡命政府が広く樹立された例、1971年に国連の中国代表権を蒋介石政府からとりあげた例がある。金正恩に対する承認取り消しを正当化する法的理由は以前の時代よりは大きくなっている。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「世界潮流を読む 岡崎研究所論評集」

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍