世界の記述

2016年6月22日

»著者プロフィール
閉じる

藤原尚美 (ふじわら・なおみ)

フリージャーナリスト、元毎日新聞記者

1993年毎日新聞社に入社。甲府支局、教育取材班などを経て、03-04年フルブライト・ジャーナリスト奨学金によりカリフォルニア大・バークレー校客員研究員。05年に退社し渡英。現在、英国や欧州ニュースを執筆中

 英国で5月にあったロンドン市長選で、野党・労働党のサディク・カーン氏が、与党・保守党のザック・ゴールドスミス氏に勝利し、イスラム教徒初のロンドン市長となった。

イスラム教徒で初めてロンドン市長に就任したサディク・カーン氏(Getty Images)

 ゴールドスミス氏はユダヤ財閥出身でイートン校を薬物使用で中退した。カーン氏は人権派の弁護士でパキスタンからの移民を親に持つ。専門家は、ゴールドスミス氏の差別的な発言が裏目に出た一方、カーン氏の経歴がロンドン市民の“革新性”という気風にマッチしたとする。

 ゴールドスミス氏はカーン氏の過去を持ち出し、イスラム教の過激派と結びつけるイメージ戦略を展開。保守層に訴えかける戦略に出た。保守党の選挙参謀、リントン・クロスビー氏の振り付けによるものだが、この狙いは裏目に出た。労働党は、保守党が「イスラム嫌い」のキャンペーンをしていると大批判を展開した。だが特定宗教や人種を批判する戦術は、失敗するのが通り相場だ。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る