赤坂英一の野球丸

2016年10月12日

»著者プロフィール

 しかし、CSをやるのなら見に行って応援したくなるのが一般のファン心理。加えて、当事者である球界関係者には、CSの矛盾点をはっきりと口にできない理由がある。CSは儲かるからだ。あるセ球団関係者が言う。

1試合2億円以上は堅い

 「例えば、今年のCSファーストステージを主催した巨人さんは1試合で推定2億5000万円の収入があったと言われている。内訳は収容人数約4万6000人の東京ドームの入場料収入が約1億円、地上波と衛星波のテレビ中継権料が8000万~1億円、それに球場内の弁当、ビール、グッズの物販収入などが5000~7000万円ぐらい。収容人数は広島のマツダスタジアムが3万3000人、日本ハムの札幌ドームが4万人強と東京ドームよりは少ないけれど、それでも1試合2億円以上は堅い。CSファイナルステージ6試合すべてやれば12億円を超えるカネが入ってくる」

 広島も日本ハムも、シーズンオフは選手の年俸が大幅にアップすることが予想される。とりわけカープの上がり幅は球団史上空前の高騰となる可能性も高い。12月になったら優勝旅行に行く予定もある。そんなバラ色のオフは、シーズンはもちろん、CSにも詰めかける大勢のファンに支えられているのだ。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る