東大教授 浜野保樹のメディア対談録

2010年6月25日

»著者プロフィール
著者
閉じる

浜野保樹 (はまの・やすき)

東京大学大学院新領域創成科学研究科教授

1951年生まれ。工学博士。コンテンツ産業や制作に関する研究開発に従事する。主な著書に『大系 黒澤明』(講談社)『偽りの民主主義』(角川書店)『表現のビジネス』(東京大学出版会)などがある。(財)黒澤明文化振興財団理事、文化庁メディア芸術祭運営委員ほか。

前回の内容 タレントとスタッフは幸せか?浜野 辞めなかったのはそれでわかったけど、それじゃあどうして経営とクリエイティブと、いまだに二刀流なんですか? 野球で言えば四番打者が監督やってるみたいなもんでしょ、中島さんの場合。

中島 ひとつは、僕の仕事が、「お声が掛かってなんぼ」という類のもの、ご発注いただいて始まる種類の仕事だからだと思うんです。

 中島信也には実績、経験があって、広告主さんたちに認知されてる。すると、社運を賭けたプロジェクトなんかが、ご指名で僕のところに来たりするわけですね。これがある限り、僕はやめるわけにいかないでしょう。クリエイターとしての命綱、でもある、それはね。「中島さん出してくれないと困るよ」。「え、中島さん、もう経営なの、現場じゃなくて。どういうつもり、東北新社って? 中島さんに経営させて、我々の作業に触ってくれないの」なんて話が裏でしこたま。すると変な話、中島って経営できへんのとちゃうかって逆の評判も立ったり、ね(笑)。

浜野 できるの? 経営(笑)。

中島 今のヤングたちに勇気を与えて、いいものを作ることが僕らの仕事だよと伝えていくのは自分の責務かなと思っていますよ。そういう意味では計数より教育かな、向いているのは。それでも僕も会社の数字がちょっとは読めるようになりましたけどね。百万円と十億円の桁、わかるようになりましたもん(笑)。

映画づくりの面白さ

浜野 そこで話を映画にもっていきたいんだけど、『矢島美容室』ね。あれも、やっぱり先方からの依頼だったんですか。

中島 依頼だったですね。

浜野 とんねるずからの?

中島 そう。とんねるずのお2人、フジテレビからの依頼で、これは信也さんしかいないだろうってことでお話が来たというのがスタート地点です。

 中島氏初監督作品の「ウルトラマンゼアス」7月10日は「ウルトラマンの日」!(日本記念日協会登録)
(C)1996円谷プロ/ソニー・ピクチャーズエンタテンメント/アニプレックス/電通

 前にやっぱりとんねるずで1本作りました。1996年3月公開の「ウルトラマンゼアス」で、主人公のウルトラマンゼアスはとんねるずのマネジャーだった関口正晴さんを起用したコメディタッチの。あの頃と比べると、自分の演出能力は少しは上がったはずだっていう自信、ですよね、それがまずあった。物語をつくっていく力もついてるだろうし、やってみよう、ってね。

浜野 90分モノ本編映画。作ってみてどうでした?

中島 これはやっぱり劇場というもので自分の映画、映像を知らない人が反応している感じというのは、もうたまらなくうれしいものがありますね。僕、この前の日曜日、初めて息子が「見ていいよ」と言ったので、息子と近所の映画館に…。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る