関西発!オモロイ社長、オモロイ会社

2017年5月16日

»著者プロフィール
閉じる

杉浦佳浩 (すぎうら・よしひろ)

代表世話人株式会社代表

三洋証券株式会社入社(昭和62年)。鹿児島支店にて勤務。地元中小企業、個人富裕層の開拓を実施。 日経平均最高値の2カ月前に退職。次に日本一給与が高いと噂の某電機メーカーに転職。埼玉県浦和にて、大手自動車メーカー、菓子メーカー、 部品メーカー等の主力工場を担当。 退職時は、職場全員から胴上げ。そして、某保険会社に20数年勤務後、平成26年末に退社。在社中は、営業職、マネジメント職を経験して、リテール営業推進、若手人財育成を中心に担当していた。 社外の活動も活発に行っていた。平成27年1月1日、代表世話人株式会社を設立。
同社代表取締役に就任。世話人業をスタート。

「お金持ち」より「時間持ち」とはどういうこと?

 「お金の投資」は誰でも簡単にできるわけではありませんが、「時間の投資」は誰もが平等にできます。インターネットの活用により、「時間持ち」の発想と実践が新しい価値を生み出しました。と語る、ミクルの福井直樹さんに今回はお話を伺いました。

 幼少の頃からお金を支配したいと、あがいていた福井さん(詳細は後述プロフィールに記載)、支配したいと思えば思うほど、常にお金に支配され続けてしまうことに気付きました。一般的には、2度の会社売却という「ある種の成功」を手にした訳ですが、この経験でお金に対する考え方が変わりました。

ミクルの福井直樹さん

 1度目の起業は、アイデアと情熱で育てたサービスでしたので、上場準備のために少ない睡眠時間で頑張り続けました。多くの友人や先輩から出資を仰ぎましたが、結果はバイアウトという選択で、金銭的なリターンはあっただけで終わりました。

 次に会社売却で得たお金で、2度目の起業をしました。結果を出した後、韓国上場企業へ売却、その後日本法人の代表になりましたが、売却後の悲哀か、株主である相手に思うがままされてしまったという経験をしました。

 この2度の会社売却で物質的豊かさをもたらされたことは事実でしたが、同時に多種多様な精神的苦痛をも伴うものでした。一攫千金は重要ではない、リスクを冒して起業し、金銭面で成功できたとしても、大資本の前では力がない……。この体験から、「時間持ち」へ移行するという考えを持つようになりました。

「時間持ち」の時代到来を予感したもの

 福井さんは、Google社の広告配信システム「Adsense」が時間持ちを可能にしてくれたと言います。第3の起業前から運営していたマンション購入者向け掲示板が、毎月の安定収益をもたらしてくれるようになっていきました。この毎月着実にもたらされる収入は、一度きりで数千万円の売上が上がるようなビジネスとは違い、もっと大きな価値を生むことに気付きました。

 この1人で始めたサービスをもっと成長させてくれる仲間と出会い、そこから生まれる収益を分かち合えば良いと単純に思いついたそうです。

「時間の投資」がもたらす資産の発生

 サイト開始から3年間全く売上を生まなかった、コミュニティサービスは、10年経過した今でも着実に売上を上げ続けています。売上を生まなかった3年間で、サイト利用ユーザーさんや、サイトへの口コミというものがストックされていく資産が3年間の活動の結果であり、価値あるものに、高いものと変化していくことが理解できました。

 これは「お金の投資ではなく」、3年間という「時間の投資」がもたらした資産であり、インターネットの活用によってお金を持たない弱者の立場でも資本家に勝る可能性が出てきたことを実際に運営しながら体験出来た、と福井さんは言います。

「時間への投資」から時間的余裕(時間持ち)が生まれる

 インターネットを活用して生まれる収益(ストックをベースにした収入)は、時間的余裕を生むことを知りました。つまり収入のベースとなる「ストック型のビジネス」に「時間投資」という貯金をすれば、「時間」という利息が生まれるイメージ、それが「時間持ち」になるということです。「時間持ち」を目指すことで、すぐにお金にならないことへの時間の投資は数年間という長い年月「耐える」ことが必要です。

 ところが、世の中のほとんどの人々は、まだ時間という自分にとって大切なストックを待てずに(持てずに)、使い切ってしまっている。

 ストック型収益をもたらすインターネット活用、そこにフォーカスした「時間投資家」を集団化した組織が成立するのか? 実証実験を試みようと、「ミクル」を立ち上げました。同社は元々「成功経験の無い持たざる者」だけが集まりました。新しい概念を試したいという、壮大な「実験」を10年以上続けているイメージです。

起業した「ミクル」のトピックスを挙げてみると、
・創業した11年前から社長も出社する事務所が未だに無い
・主要メンバーが誰一人辞めていない
・今年の年初来、3カ月で大阪在住の社長のアポイントがたったの5件
・創業以来成長し続け黒字達成中
・休暇届けもなく、いつ仕事しても、いつ休んでもOK
・集うメンバーが100名以上、しかも日本中 世界中に散らばっている
・副業も起業も自由!、でも彼女がいない歴3カ月でクビに

 と、働き方改革元年と言われているこの年に、10年以上前から新しい働き方を定義し、既成概念に囚われないアイデア、 自由になるために働くチームの運営、そして「小さなチーム」 ×「自由な時間」 ×「家族の幸せ」 ×「大きな仕事」 × 「新しいアイデア」 × 「世の中貢献」と掲げています。

 ミクルが行っている事業は3つです。
 ・国内向けのBtoCビジネス→不動産系掲示板、女性向け掲示板
 ・国内向けのBtoBビジネス→ビジネス合宿所提供
 ・国外向けのBtoBビジネス→ブログパーツ提供

 ミクルは一つの事業に集中して大成功することを目指すわけではなく、社会がどのような局面においても安定的であり続けるため、事業領域を分けています。そしてビジネスを国内だけでなく国外にも広げています。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る