オトナの教養 週末の一冊

2017年5月25日

»著者プロフィール
著者
閉じる

本多カツヒロ (ほんだ・かつひろ)

ライター

1977年横浜生まれ。2009年よりフリーランスライターとして活動。政治、経済から社会問題まで幅広くカバーし、主に研究者や学者などのインタビュー記事を執筆。現在、日刊サイゾーなどに執筆中。ブログ:http://golazo-sala.cocolog-nifty.com/pinga/

 ”高齢者と性”と聞くと”高齢になれば性欲は減退するし、年老いてそんなものに囚われたくない”という意見がある一方で、いくつになってもモテたいと考える人もいる。シニア専用の風俗店まで存在するほど高齢化が進む日本で、高齢者は性とどう向き合っていくべきか。それは現在の高齢者のみではなく、やがて高齢者となる若い人たちにとっても決して他人事ではない。そこで、今回『セックスと超高齢社会』(NHK出版新書)を上梓した一般社団法人ホワイトハンズ理事の坂爪真吾氏に「高齢者の性の実態」や「介護現場での性」などについて話を聞いた。

――高齢者の性を一言で言うと、どう言うことができますか?

坂爪:「全世代の性の問題が表れる世界」ですね。高齢者の性というと、高齢者特有の問題と考えがちです。しかし、取材を進めていくうちに、それまでの人生でどう性に向き合ってきたか、もしくはこなかったかや、幼少期、思春期、青年期、壮年期の性の総決算として表れると感じました。そうした全世代の鏡として「高齢者の性」を捉えることで、我々の社会でどのような制度やサービスが欠けているかを見ることができるんです。確かに若くて健康なうちは、自らの力でなんとかなるかもしれません。しかし、年齢と共に、体力や経済力、精神力が衰え、自らの力ではどうにもならなくなる日が誰にでも訪れます。

 また、性は、単に性欲の発散だけを意味しません。性を通し、個人と個人、または個人と社会のコミュニケーションの手段として存在します。また、個人が社会へ出ていこうという動機づけになることもあります。もし両者を切り離してしまうと、高齢者と社会のコミュニケーションが切断されてしまうと思うんです。

――数年前から『週刊ポスト』(小学館)や『週刊現代』(講談社)といった週刊誌で熟年男性の性が大々的に特集されました。そもそも高齢者と性については、語られるようになったのは最近になってからなのでしょうか?

坂爪:両誌が、13年に「死ぬまでセックス特集」といった刺激的なタイトルの特集を組み始めて以降、タイトルのインパクトが強かったため印象には残っていますが、熟年男性の性については40年くらい前から度々特集が組まれています。

 その背景には、平均寿命の伸びがあると考えられます。戦後、1950年では58歳だった男性の平均寿命は、一昨年には80.79歳まで伸びました。そのために、格段に増えた定年後の時間をどう充実させるかという問題が出てきました。そのうちの1つがパートナーや性の問題です。

――今回の本では、交際クラブから官能小説までさまざまな現場や経営者へ取材をしていますが、取材前後で高齢者の性に対するイメージは変化しましたか?

坂爪:先ほど高齢者の性は「全世代の性の問題が表れる」とお話しましたが、男性の場合、想像以上に、若者や中年、高齢者で性に関する悩みや問題は変わらないということをあらためて感じました。たとえば、少し前に「夢は腹上死と語る高齢男性は多い」という記事を読みました。そうした考えを持つ高齢者は若い頃から変わっていないのではないかと思いますね。

――実際の高齢者の性生活と聞いてもなかなか想像できないのですが、実態はどうなのでしょうか?

坂爪:日本性科学会が11年から12年に関東圏に住む40歳から79歳までの男女に行った調査によると、「この1年間に性交をしたいと思ったことはどれくらいあるか?」との質問に「たまにある」も含めると、配偶者のいる60代男性で78%、70代の男性で 81%が、配偶者のいる60代女性では42%、70代の女性では33%が「はい」と答えています。単身者でも60~70代男性の78%が、60~70代女性の32%が願望を持っています。しかし、実際の性交の頻度については「この1年まったくない」との回答が、男性が60代で53%、70代で69%、女性は60代で66%、70代で76%となっています。

 これらの数字から言えるのは、老いたら枯れるのではなく、多かれ少なかれ70代になってもセックスへの関心を持っている反面、60代以上の6割~7割がセックスレスの状況にあることです。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る