書籍詳細

台湾 旅人地図帳 台湾在住作家が手がけた究極の散策ガイド

”地図旅”で台湾再発見!

台湾在住の作家夫婦が作ったこれまで無かった新しい台湾ガイド!

台湾のメジャー都市だけではなく、地方の魅力ある都市も歩けるように

詳細な地図と写真を掲載するガイドブックです。

 

【本書の主な特徴】

◎地図を用いた実用性満点の個性派ガイド

◎駅を起点に「歩くべき路地」を明記するから、わかりやすい

◎一般的なガイドがカバーできないネタを在台歴20年の著者が紹介

◎一般的なガイドに載っていない都市も紹介

 

下記から購入できます。

>>Amazonで購入する

>>紀伊國屋書店ウェブストアで購入する

>>セブンネットで購入する

>>楽天ブックスで購入する

>>hontoで購入する

 

電子書籍でもご購入いただけます!
>「Amazon」で購入する

>「楽天kobo」で購入する

>「kinoppy(紀伊國屋書店)」で購入する

>「BOOKLive!」で購入する

 

【書籍データ】

B5判変型並製 152ページ

発売日:2019年10月20日

定価:2,000円+税

ISBN:978-4-86310-218-7

 

 

【ウェッジの台湾本】

●【2刷】『台湾探見 Discover Taiwan ちょっぴりディープに台湾体験』

台湾在住のライター夫婦がオススメする、旅行者のためのディープな台湾ガイド!

●【2刷】『台北・歴史建築探訪~日本が遺した建築遺産~日本が遺し建築遺産』

台北市内に残る日本統治時代の建築物を豊富な写真とともに紹介!

 

【片倉ご夫婦 ↓台湾Webサイト↓】

ウェブサイト「台湾特捜百貨店

片倉夫婦の台湾体験記やブログなど盛りだくさん!

 

【著者略歴】

片倉佳史 (かたくら・よしふみ)

台湾在住作家。早稲田大学教育学部教育学科卒業。台湾に残る日本統治時代の遺構を探し歩き、記録している。地理・歴史、原住民族の風俗・文化、グルメなどのジャンルで執筆と撮影を続けるほか、講演活動も積極的に行なう。著書に『台湾に生きている日本』、『古写真が語る台湾 日本統治時代の50年』、『旅の指さし会話帳・台湾』、『台湾に残る日本鉄道遺産』、『台湾探見~ちょっぴりディープに台湾体験』(片倉真理との共著)など。台湾生活情報誌『悠遊台湾』を毎年刊行。これまでに手がけた台湾のガイドブックはのべ35冊を数える。

 

片倉真理(かたくらまり)
台湾在住ライター。早稲田大学政治経済学部卒業後、メーカー勤務を経て台湾と関わる。ガイドブックや書籍の執筆、製作のほか、機内誌への寄稿や女性誌の台湾コーディネートなども手がける。台湾生活情報誌『悠遊台湾』を毎年編纂。共著に『食べる指さし会話帳・台湾』(情報センター出版局)、『台湾で日帰り旅 鉄道に乗って人気の街へ』(JTBパブリッシング)などがある。

 

 

 

 

台湾 旅人地図帳 台湾在住作家が手がけた究極の散策ガイド

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
「新築」という呪縛  日本に中古は根付くのか

2019年12月号(11月20日発売)

特集
「新築」という呪縛 日本に中古は根付くのか

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
祈りの陶彫——観音様の清風さん

2019年12月号(11月20日発売)

特集
祈りの陶彫——観音様の清風さん

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。