書籍詳細

【近刊】
超約版 論語と算盤
渋沢栄一 原作 渋澤 健 監訳

新1万円札肖像に!大河ドラマ「青天を衝け」渋沢栄一の不朽の古典

 

幕末から明治という日本の大転換期に文字通り「一生で二世」を生きた渋沢は、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、青天を衝くかのように高い志を持って未来を切り開き、「日本近代資本主義の父」と呼ばれるまでにいたった。

生涯にわたり500近くの企業を育てあげ、同時に約600の社会公共事業にも関わった。晩年は民間外交にも力を注ぎ、ノーベル平和賞の候補にも二度選ばれている。そんな渋沢を幼少期から生涯を通して貫いてきた行動指針こそ「論語」であり、経営、労働、人材育成などの核心をついた独自の経営哲学・人生訓にも論語の精神が貫かれ、渋沢の著作はいまなおビジネスパーソンを中心に広く長く支持されている。

本書は、代表的な著作で不朽の古典とされる『論語と算盤』を、子孫であり作家・経営者でもある渋澤健氏が、「超約」スタイル(現代語抄訳)で、指針なきポストコロナ時代を生きるビジネスリーダーや将来をに担うビジネスパーソンにわかりやすく解説していくもの。

 

>>Amazonで予約する

>>紀伊國屋書店ウェブストアで予約する

>>セブンネットで予約する

>>楽天ブックスで予約する

>>hontoで予約する

>>e-honで予約する

 

電子書籍でもご購入いただけます!
>「Amazon」で購入する

>「楽天kobo」で購入する

>「kinoppy(紀伊國屋書店)」で購入する

>「BookLive!」で購入する

 

<書籍データ>
◇新書判並製 約160ページ
◇予価:本体1,000円+税
◇発売予定日:2021年1月18日
◇ISBN:978-4-86310-235-4

 

<著者プロフィール>

渋沢栄一 原作

明冶・大正期の実業家。豪農の長男として生まれ、一橋家に仕える。慶応3年(1867)パリ万国博覧会に出席する徳川昭武に随行し、欧州の産業、制度を見聞。明治2年(1869)新政府に出仕し、5年大蔵大丞となるが、翌年退官して実業界に入る。第一国立銀行の総監役、頭取となった他、王子製紙、大阪紡績、東京瓦斯など多くの近代的企業の創立と発展に尽力した。『論語』を徳育の規範とし、「道徳経済合一説」を唱える。大正5年(1916)実業界から引退するが、その後も社会公共事業や国際親善に力を注ぐ。

 

渋澤 健 監訳

「日本の資本主義の父」といわれる渋沢栄一の玄孫。コモンズ投信株式会社取締役会長。JPモルガン、ゴールドマン・サックスなど米系投資銀行でマーケット業務に携わり、1996年に米大手ヘッジファンドに入社、97年から東京駐在員事務所の代表を務める。2001年に独立し、シブサワ・アンド・カンパニー株式会社を創業。07年、コモンズ株式会社を創業(08年にコモンズ投信株式会社に社名変更し、会長に就任)。経済同友会幹事。著書に『渋沢栄一100の訓言』『渋沢栄一100の金言』(いずれも日経ビジネス人文庫)など多数。

【近刊】<br />超約版 論語と算盤

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
トランプVSバイデン 

2020年11月号(10月20日発売)

特集
トランプVSバイデン 

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
古都もみじ

2020年11月号(10月20日発売)

特集
古都もみじ

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。