書籍詳細

聖徳太子に秘められた古寺・伝説の謎ー正史に隠れた実像を探訪する
瀧音能之

◎2021年、太子御遠忌1400年!
和の精神 神仏習合 憲法・冠位 対等外交…古代史のカリスマ・聖徳太子の足跡から聖者伝説の真相を明らかに

 

教科書から「聖徳太子」の呼称が消えて久しいが、厩戸王こと聖徳太子は、摂政として天皇を補佐し、十七条憲法の制定、遣隋使派遣など、大陸文化の積極的な受容に努め、国家の体制づくりに尽力したことで知られる。教科書が描き、一般的にイメージされる太子像は、仏教を重んじた辣腕の政治家であり、古代史のカリスマであろう。だが、『日本書紀』などが「聖者」として太子を礼賛する一方で、太子にまつわる謎・不明な点は多い。いかにして聖徳太子は「聖者」(カリスマ)となり得たのか? 日本書紀を精読し、あえて書紀が描かなった部分を、各地の太子の足跡・伝承からも補足しながら、古代史の第一人者が謎解き風に真実に迫る歴史教養本。

 

>>Amazonで予約する

>>紀伊國屋書店ウェブストアで予約する

>>セブンネットで予約する

>>楽天ブックスで予約する

>>hontoで予約する

>>e-honで予約する

 

電子書籍でもご購入いただけます!
>「Amazon」で購入する

>「楽天kobo」で購入する

>「kinoppy(紀伊國屋書店)」で購入する

>「BookLive!」で購入する

 

<書籍データ>
◇新書判並製 288ページ
◇予価:本体1,500円+税
◇発売日:2021年4月20日
◇ISBN:978-4-86310-236-1

 

<著者プロフィール>

瀧音能之

1953年生まれ、駒澤大学文学部歴史学科教授。研究テーマは日本古代史。特に『風土記』を基本史料とした地域史の調査を進めている。主な著書に『風土記と古代の神々』(平凡社)、『出雲古代史論攷』(岩田書院)、『古事記と日本書紀でたどる日本神話の謎』『図説 古代史の舞台裏』『古代日本の実像をひもとく出雲の謎大全』(以上、青春出版社)、『図説 古代出雲と風土記世界』(河出書房新社)、『古代出雲を知る事典』(東京堂出版)、『出雲大社の謎』(朝日新聞出版)など。監修書に『最新発掘調査でわかった「日本の神話」』(宝島社)などがある。

聖徳太子に秘められた古寺・伝説の謎ー正史に隠れた実像を探訪する

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
資本主義の転機

2021年2月号(1月20日発売)

特集
資本主義の転機

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
本多静六

2021年2月号(1月20日発売)

特集
本多静六

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。