定年バックパッカー海外放浪記

2018年1月21日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年生まれの62歳。横浜生まれ、神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

(2016.10.10~12.23 75日間 総費用21万7000円〈航空券含む〉)

最初の目的地をパタヤ・ビーチに突如変更

 10月10日。14:15成田発のエヴァーグリーン(長栄航空)を台北で乗り換えて、バンコク国際空港に到着したのは同日深夜23:10。

 今回の放浪はバンコクからクアラルンプールまで陸路マレー半島を南下、クアラルンプールからボルネオ島のコタキナバルに飛んでボルネオ島を探検するという概要。往復の航空券の予約以外は一切事前準備していない。

 空港到着ロビーで仮眠して、早朝のバスでバンコク中心部の“バックパッカーの聖地”と称される安宿街カオサン通りに向かう心積もりであった。

 東南アジアや中東を旅行された方ならご存知であるが、空港やターミナルなどのエアコンは極限まで設定温度が下げられている。空港到着ロビーのベンチで仮眠したが、余りの寒さに午前3時頃に目覚め、バックパックから軽量寝袋を取り出してもぐり込んだ。

 午前7時に起きてタブレットパソコンを空港の無料WiFiを繋いでメールやフェイスブック等チェック。なんと商社時代の3年後輩のF君がパタヤ・ビーチで長逗留していることが判明。F君に合流するべく、バンコク国際空港からパタヤ方面に直行するバスに乗った。

パタヤの歓楽街のド真ん中のゲストハウスの下駄箱に並ぶ派手なサンダルやピンヒール

パタヤ・ビーチの連れ込み宿

 10月11日。午前10時頃パタヤ・ビーチ近郊のバス停で降ろされた。炎天下パタヤ・ビーチの中心部まで一時間ほど歩く。そのあとパタヤ・ビーチ中心街の宿を一軒一軒チェックして宿代交渉。2時間かけて30軒ほどチェックして最終的に2泊で450バーツの宿に決定。

 キングサイズのベッド、TV、エアコン、冷蔵庫付き個室で一泊225バーツ(≒675円)。歓楽街のド真ん中で階下はゴーゴーバー、隣はクラブである。案の定、明け方までロック音楽の騒音に悩まされた。

パタヤの歓楽街のゴーゴーバー、まだシーズン前なのでお客が少ない

 部屋のドアの裏側に大きな文字の英文の注意事項が並んでいるので判読すると:

① 20歳以下のガールを部屋に入れることは法律上禁止。罰則あるので要注意。IDカードで事前に年齢確認すること。
② ゴーゴーバー、クラブに属するガールが安全であるのでお勧めする。
③ バイクに2人乗りしているガールには要注意。“窃盗犯”が多い。
④ 2人又は3人のガールを同時に部屋に入れるのは危険。金品を盗まれるリスク大。
⑤ 貴重品は事前にセーフティーボックスへ入れること。(ちなみにセーフティーボックスは電子部品が壊れているらしく、何度トライしてもロックが掛からない代物であったが)

 「安全第一」を呼びかける経営者の温かい心遣いが伝わってくる張り紙だ。

夜の女性たちの素顔は

奥の方では欧米オジサンが女の子を口説いていた

 この宿には歓楽街の風俗系お店で働く出稼ぎ少女たちが長期滞在している部屋が数部屋あった。私の部屋の廊下の向かい側もそんな出稼ぎ少女たちの仮の住処であった。

 床にマットレスを敷いて1部屋に5~6人で共同生活している。深夜から明け方に三々五々と帰ってきて昼過ぎまで寝ている。雑誌やお菓子、カップヌードルなどが散らばっており、クローゼットは夜の衣装や普段着で溢れている。なんとなく“あっけらかんと明るく可愛い”雰囲気が漂っている。

 私の対面の部屋の少女たちは、どうみても全員ティーンエージャーであった。話してみると素朴で底抜けに明るい田舎娘たちだ。私が「ジャパ二ーズ」と分かると、大はしゃぎで「トーキョー」「シブヤ」「ハラジュク」とか反応する。

 片言の英語なので委細不詳であるが、タイの北部の農村から出稼ぎに来ている様子で、同郷の友人・知合いが一緒になって部屋を借りているようだ。本来であればお金のために貧困層出身の少女たちが売春するという深刻な社会問題を憂うべきであるが、田舎娘の明るさに戸惑ってしまった。

なんとも言えない脱力感が漂っている朝のパタヤの歓楽街

元祖バックパッカーのF君の“波瀾万丈”

 夕刻F君が訪ねてきてショッピング・モールのフードコートで簡単に夕食。それから夜市の一角にあるリカーショップへ行く。ビールを買って夜市で串焼きなどのおつまみを仕入れて、リカーショップの前に置いてあるテーブルで酒盛りをする。F君とは20年ぶりの邂逅である。

 F君と私は商社のエネルギー部門で一緒だった。彼は隣の部署に配属されてきた新入社員であったが、数カ月もしないうちにロンドンへ1年間の研修に出立。

 F君は出色の新人だった。学生時代バックパッカーとして海外放浪、2年留年して入社。明るく物怖じしない誰からも愛されるキャラクターで、上司先輩から可愛がられていた。ロンドン研修の後は短期間の東京勤務を挟みながらモスクワ駐在、ジャカルタ駐在、シンガポール駐在とキャリアを積んでいった。

ホアヒン夜市。愛嬌のあるお姉さんの唐揚げ入りお粥は美味

 40歳前に商社を退職。米国の女性と結婚してハワイで不動産業をしていたと人伝に聞いていた。その後シンガポール駐在時代に知己を得た華僑からの出資を得てパタヤ・ビーチで米国人の奥さんと一緒にホテルを7年間経営。

 それから奥さんが病気になり亡くなるまで米国で暮らしたようだ。その後ホテルと旅行代理店を経営するためにモンゴルに渡ったが、半年もしないうちに交通事故で負傷して帰国。それから紆余曲折を経て鹿児島の名門企業に職を得て、オーストラリアのホテルを運営。

 60歳となったのを機に退職し、独り身の自由を満喫するべく海外放浪人生を再開。事始めとして思い出の地、パタヤで数カ月英気を養う計画であった。

編集部おすすめの関連記事

関連記事

新着記事

»もっと見る