児童書で読み解く習近平の頭の中

2018年9月28日

»著者プロフィール
閉じる

樋泉克夫 (ひずみ・かつお)

愛知県立大学名誉教授

中央大学法学部、香港中文大学新亜研究所、中央大学大学院博士後期課程を経て外務省専門調査員として在タイ日本国大使館勤務。著書に『華僑コネクション』『京劇と中国人』『華僑烈々―大中華圏を動かす覇者たち―』(以上、新潮社刊)など。

[著書]

巨大なプロパガンダ国家の中国では、共産党中央宣伝部によるメディアを総動員しての教育・洗脳・宣伝工作は一貫して続く。習近平世代も、そして次世代も、次々世代も、共産党独裁政権が続く限り止むことはないだろう。児童・青少年を標的とする出版物を読み、習近平世代以降の中国指導層の”柔らかかった脳”に刻み込まれた思想を探り、彼ら権力者の振る舞いの根源を解読したいと思う。

iStock Editorial / Getty Images Plus / savoia

劉少奇の命を奪った「毛沢東のメディア戦略」

 1970年、上海人民出版社の活動が一層活発化する。文革最大の標的であった劉少奇を打倒し、党の権力を奪い返すことに成功した毛沢東は、それゆえに1969年の第9回共産党全国大会を「勝利の大会」と総括した。かくして文革派の牙城であった上海から全国に向け、毛沢東思想教育のためのプロパガンダが大々的に徹底して展開されることになる。その中心となるメディアが上海人民出版社であった。

 彼らのメディア戦略を知るうえで格好の“教材”と思えるのが『充分発揮筆杆子的戦闘作用』(上海人民出版社 1970年)である。ここに記された基本原則は、現在まで続く共産党政権のメディア戦略を貫いているはずだ。

文革により迫害を受けた劉少奇が亡くなった場所(写真:田中重樹/アフロ)

「鉄砲から政権が生まれる」は毛沢東の遺した至言として知られているが、じつは毛沢東は「搶杆子(鉄砲)」だけではなく「筆杆子」、つまりペンを巧妙に使うことでも政権を奪えることを実践してきた。鉛の銃弾はもちろんのこと、筆杆子から飛び出す言論という銃弾もまた確実に政敵を殺す。いや、ジリジリと時間を掛けて真綿で首を締めるように攻撃するからこそ、こちらの方が巧妙で残忍で卑劣といえる。文革時、「資本主義の道を歩む悔い改めない実権派」「中国のフルシチョフ」と非難された劉少奇の命を奪ったのは鉛の銃弾ではなく、手を変え品を変え延々と繰り返された筆杆子による波状攻撃だったに違いない。

 紅衛兵による尽きることのない悪罵、怒涛のように押し寄せる故なき非難の大合唱を浴びた時、国家主席としての自尊心も一生を革命に捧げてきたという矜持も自負心も一切合切が吹き飛んでしまった。心の支えを失ったままに、劉少奇は生きながら死んでいた。それが毛沢東の狙いではなかったか。 

「公正な報道」を目指す劉少奇を「外国の奴隷」と断罪

『充分発揮筆杆子的戦闘作用』は、中国を代表する革命的メディアとして文革時に猛威を振るった2紙1誌――共産党機関紙『人民日報』、解放軍機関紙『解放軍報』、最高理論雑誌『紅旗』――の編集部連名による「メディア戦線の大革命を徹底的に推し進めよ」という主張で貫かれている。

「新聞、印刷物、放送、通信社を含むメディア事業は、総てが階級闘争の道具である」。「その宣伝力は民衆の思想感情と政治の方向に影響を与え続ける。プロレタリア階級とブルジョワ階級の間のメディア陣地の指導権をめぐっての激越な闘争は、プロレタリア階級とブルジョワ階級の間の、思想戦線における生死を賭けた闘いである」――この原則に依って、劉少奇によるメディア介入は毛沢東に反対し、資本主義復活を目論む陰謀の一環であると断罪された。

「外国の記者は客観・真実・公正な報道を求める。我われが敢えて客観・真実・公正な報道を目指さずに自らの立場だけを強調したなら、我われの報道は主観主義に陥り、一方的に過ぎてしまう」との劉少奇の発言に批判の矢を放ち、「(劉少奇の)こういった考えこそが外国のブルジョワ階級の記者に対する全面降伏であり、プロレタリア階級の報道機関に資本主義の考えを全面的に持ち込もうとするものだ」と切って捨てた。文革派からするなら、劉少奇は「骨の髄からの外国の奴隷」でしかなかったのである。

 要するに「メディアは階級性、党派性を持つ。階級を超越した『客観的報道』などは金輪際ありえない。ブルジョワ階級の新聞は人民を騙し、自らの階級の罪悪に満ちた統治を維持するために万策を弄し、是と非を逆転させ白を黒と誤魔化し、客観的事実を歪曲し、ゆえなく革命人民を侮辱する」というメディア観である。ここからも、共産党政権が現在もなお全国のメディアを一元的に監視・統括している唯一最大の理由が見て取れるだろう。

 それにしても自分が気に入らない、あるいは自分にとって不都合な報道の一切を「フェイク・ニュース」で片づけてしまうトランプ大統領の振る舞いは、『充分発揮筆杆子的戦闘作用』の主張に通じているように思えてしまうから不思議だ。

関連記事

新着記事

»もっと見る