WEDGE REPORT

2019年3月4日

»著者プロフィール

 赤チョーさんの口数が減っている。広島東洋カープ・長野久義外野手が赤いユニホームに身をまとい、新天地での春季キャンプを終えた。しかし一挙一動が注目されていた割にはここ最近、本人発のコメントがナゼか少ないことに気付かされる。

 1月23日に広島市内のマツダスタジアムで行われた移籍会見では〝長野節〟を響かせ、各メディアもこぞって大きく報じていた。ところが2月1日から春季キャンプが始まると、長野の発言はほとんど掲載されなくなった。

 それも、そのはず。長野はこのキャンプ期間中、メディアに必ずしも毎日の対応はせず、待ち構える記者陣を巧くスルーして裏側から宿舎へ戻って行くことが多かった。キャンプインから数日間は少しばかりメディアの取材に応じたものの、それ以降は最後の打ち上げ時に総括を述べた以外、ほぼ無言のまま。

長野の心情とは?

(33ft/Gettyimages)

 だが、決して長野が冷淡なスタンスを取っていたわけではない。裏事情を知れば、これもまったく無理はないのである。カープの有力OBが、次のように長野の心情を慮った。

 「今季のチームでレギュラーが確約されているのは内野手で菊池(涼介)と田中広輔だけで、外野も(鈴木)誠也のみ。これはもちろん緒方(孝市)監督の意向でコーチ陣を通じて、それとなく選手たちにも伝わっている。

 長野もその現状をあらためて知り、キャンプでは当然ながら生き残りをかけて必死になっていた。だから毎日、担当記者たちに愛想を振りまきながらリップサービスをする余裕なんてあるわけがない。口数が少なくなるのも当たり前のことだ」

関連記事

新着記事

»もっと見る