あなたが知らない街のNews みんなの経済新聞

2013年9月18日

»著者プロフィール

 こんにちは。「みんなの経済新聞ネットワーク」(略して『みん経』)です。台風一過、一層秋の気配を色濃く感じた人も多いのでは。今週は「読書の秋」にちなみ、みん経記事の中から書店関連のニュースを紹介します。

梅田ロフトで
約100人のブックカバー展

 活字離れや出版不況など、厳しいニュースも多い書店ですが、面白いコンセプトを持つ書店や、書店でのイベントが増えていることも事実。現在、梅田の書店では、こんな企画が行われています。

* * *

梅田ロフトで「約100人のブックカバー展」-レトロ印刷で架空のカバー制作 (梅田経済新聞/2013/9/17)

 梅田ロフト(大阪市北区茶屋町、TEL 06-6359-0111)7階ロフトフォーラムで9月13日、「架空の本屋さんの、架空のブックカバーの展覧会『約100人のBOOKCOVER展』」が始まった。

 駒鳥文庫(天満3)、ON THE BOOKS(西区江之子島2)、old book store FOLK(中央区平野町1)の古書店3店が合同で主催する同展。各店と交流のあるイラストレーターやデザイナー、作家らに加え公募でも作品を募り、「こんな本屋があったら」と考えた「架空の本屋さんの、架空のブックカバー」173点を展示する。

壁面に並ぶブックカバー

 それぞれのブックカバーは、架空の店の店名、どんな書店なのかという説明と共に展示。「ただのデザイン展じゃなく、どういう店かも書いてあるのが面白い」とold book store FOLKの吉村祥さん。「クスッとできる感じがいい」と話す。展示するブックカバーは、5枚525円で販売も行う。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る