あなたが知らない街のNews みんなの経済新聞

2013年12月10日

»著者プロフィール

 こんにちは。「みんなの経済新聞ネットワーク」(略して『みん経』)です。12月2日、今年流行した言葉を選定する「「ユーキャン新語・流行語大賞」」が発表されました。今年の大賞は至上初となる「じぇじぇじぇ」、「倍返し」、「今でしょ!」、「お・も・て・な・し」の4つが選ばれました。確かにどれも、今年いろんなところで聞いた言葉ばかり。みん経から配信された今年の記事にも、ところどころに使われていました。

あまちゃんならぬ甘ちゃんギフトでおもてなし
今年のお歳暮コーナーは流行語だらけ!?

 年末になると、クライアントや上司、親せきへのお歳暮選びに忙しくなるものです。できれば相手がよろこんでくれるようなものを贈りたいところですが、結局去年と同じ無難なお歳暮を選んでしまうことも。お歳暮の脱マンネリを図るために、そごう横浜店では実に今年らしいお歳暮が用意されていました。

* * *

そごう横浜に「お歳暮ギフトセンター」-甘ちゃんギフトを提案 (2013/11/6/ヨコハマ経済新聞

 そごう横浜店(横浜市西区高島2)は10月30日、8階特設コーナーに「お歳暮ギフトセンター」を開設した。

 今年の商品テーマは「砂糖」。日本人の技と自然の恵みが濃縮した和三盆糖と黒糖に注目し、それぞれの特徴を生かした「甘ちゃんギフト」を提案する。今年は昨年を上回る約2,300品目をそろえ、予算目標は前年比105.3パーセント。

 同店のおすすめ商品は、食源探訪「和三盆糖・黒糖詰合せ」(3,990円)、粘りの強いつくねいもに西表黒糖を使用したスイーツ「Satomi Fujitaコレクション」(京都 亀屋良長、4,043円)、しょうゆ漬けにした天然鰤(ブリ)に甘酢だれをかけて味わう「和三盆〆ぶり・ぶり尽くし」(料亭ひだか、10,500円)。

 そのほか、上質なこだわりの逸品として、丹波産・イタリア産の栗をふんだんに使った栗のテリーヌ「天」(木箱入り、10,500円)、全国の山海の幸や名店の逸品から選べる食のカタログギフト「ごっつお便Eコース」(31,500円)、今治タオル「百蓮」(10,500円)、野田ハニー「千年蜜(みつ)」(10,500円)など。

 同センター開設に伴う「お歳暮商戦決起集会」には従業員約80人が集合し、今年のおすすめ商品のPRと決意表明を行った。

「お歳暮商戦決起集会」の様子

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る