アジアへ羽ばたく若き“和僑”たち


Wedge編集部

WEDGE REPORT

ビジネスの現場で日々発生しているファクトを、時間軸の長い視点で深く掘り下げて、日本の本質に迫る「WEDGE REPORT」。「現象の羅列」や「安易なランキング」ではなく、個別現象の根底にある流れとは何か、問題の根本はどこにあるのかを読み解きます。

»最新記事一覧へ

日本を脱出した若者からは「日本に居続けることに対する危機感」といったものが感じられる。「閉塞感」「日本語しかできないリスク」「代わり映えのない将来」「チャンスを求めて」……。熱意とやる気のある若者たちに、実は今の日本が捨てられはじめているのではないか。

メガバンクを退職してフィリピンで会計・税務コンサルとして起業

 寺田未来さん(31)は、フィリピンで会計・税務のコンサルタントをしている。

「若くして活躍することができるし 男女の差はない」。マニラの隣町、マカティにオフィスを構える寺田未来さん

 「2009年にフィリピンへ渡り、仕事を始めたときは、日系企業撤退のお手伝いばかりでしたが、翌10年から進出案件に関わる業務が増え、以降右肩上がりの状態です」

 寺田さんは12年3月に独立。当初片手で数えることができたクライアント数が今では50社程になった。「フィリピンへ来て本当に良かったと思っています。日本に残って仕事をしていたら果たしてこれほど充実した日々を過ごせていたか……」。

 寺田さんは1982年に愛知県で生まれたが、親が転勤族だったこともあり、幼少の頃は各地を転々とした。米国にも住んでいたことがある。中学から東京に落ち着き、青山学院大学文学部英米文学科へ進学。会計事務所で勤務していた母の影響もあり、在学中に米国公認会計士の資格に興味をもち、勉強を始めた。

 就職活動では「いずれ海外で働きたい」という思いもあったから、外国為替銀行であった東京銀行の流れを組む東京三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行した。法人営業などを担当したが、どうやら希望すれば海外で必ず働けるわけでもないことに気付いた。雇ってくれた銀行に恩を感じていたが、1年後はもちろん、5年後、10年後の姿までぼんやり見えてしまうことを拒否する自分がいた。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「WEDGE REPORT」

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍