テレ朝「トリック」が幕を下ろして
剛力彩芽と玉木宏の
「私の嫌いな探偵」コンビが新登場

ナンセンスなギャグとパロディーが次々と


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

テレビ朝日の人気シリーズ「トリック」は2000年夏からの第1シリーズから、今年の年明けの新春スペシャル3で完結した。仲間由紀恵が演じる奇術師の山田奈緒子と、阿部寛の物理学者・上田次郎のコンビが、殺人事件の謎に挑む人気番組もついに幕を下ろした。魅かれあうようにみえた、上田―山田コンビは結ばれぬままに画面を去った。

 新春の大型ドラマでは、TBSの「“新参者”加賀恭一郎『眠りの森』」のなかで、阿部は刑事・加賀を演じている。見合い相手にトリックの仲間が演じる、同姓の山田を登場させている。ふたりはバレーの鑑賞にきて、加賀が居眠りをしたために、山田が縁談を断る。

 「トリック」の仲間―阿部コンビを知っている観客には、たまらないパロディーである。演出家と脚本家のちょっとしたいたずらだった。あるいは局を超えたエールともいえるだろう。

「シュールコメディ」、「金曜ナイトドラマ」に登場

 テレ朝は「金曜ナイトドラマ」に「私の嫌いな探偵」が新たに幕を上げた。「トリック」がヒット作に成長した、週末をまたぐ深夜の帯である。人気シリーズに育て上げる登竜門といえる。

 剛力彩芽が演じるミステリーマニアの女子大生・二宮朱美と、彼女が大家のビルに入居した玉木宏の私立探偵・鵜飼杜夫がコンビで、事件の謎を解いていく。第3話(1月31日)を観た。

 ナンセンスなギャグとパロディーが次々と繰り出されて、謎解きとはまったく関係がない方向にドラマは展開して、そして本筋に戻る。またあらぬ方向に。二宮―鵜飼コンビの歯切れのよいセリフと、コマ落としのフィルムをみるようなテンポの速い展開は、観客を驚かすに十分だろう。

 「シュールコメディ」とうたっている、ニュアンスが伝わる。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍