刑事、医療ものばかりではない!
1月ドラマの女優たち

原田知世「紙の月」、石原さとみ「失恋ショコラティエ」、深夜帯の女優陣「慰謝料弁護士」…


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

宝塚出身の可憐な女優である檀れいまでもが、刑事となって。フジテレビ「福家警部補の挨拶」は第1回「失われた灯」(1月14日)。脚本家の藤堂昌也(反町隆史)が犯した殺人事件のアリバイ崩しに、福家警部補(檀れい)が挑む。

 人気シリーズの相棒の杉下右京(水谷豊)もその登場のときは、警部補だった。フード付きの分厚いコートと襟もとをマフラーでぐるぐる巻きにした、福家警部補の登場はカメラが背後から追う。ぼさぼさ髪の檀れいがその警部補であることがわかる。

 上司の係長の石松和夫警部役に稲垣吾郎、相棒の鑑識係の二岡に柄本時生を配して、檀とからむ軽妙なギャグが笑える。石松は「係長では軽い。警部と呼べ」と繰り返す。

刑事もの、医療ものが目立つが…

 1月ドラマのラインナップを眺めれば、刑事ものと医療ものが番組表の真ん中にすわっているように一見みえる。しかしながら、女優たちの演技の軌跡を追っていくと、そこには刑事ものや医療ものばかりが主流とはいえないのではないかと思う。

 シリアスからコメディアンヌまで若手の美貌の演技派である、石原さとみは、やはりフジテレビの「失恋ショコラティエ」に。主要な登場人物の紹介とドラマの背景を解き明かしていく第1回(1月13日)は、「松潤」こと嵐の松本潤演じる洋菓子屋の息子の小動爽太が、高校時代からあこがれる高橋紗絵子(石原さとみ)に振り回されたあげく、フランスのチョコレート専門店に修行にでる。

 ショコラティエとして優れた職人となって帰国した、爽太は紗絵子との恋愛を夢見るが、彼女の結婚で裏切られる。チョコレートを食べる紗絵子の唇は爽太の気を引く。妄想のなかで、爽太は紗絵子とラブシーンを演じる。一人二役を演じているようにみえる石原によって、ドラマは軽快なラブコメディーに仕上がっている。

1億円横領した主婦を演じる原田知世

 角川映画の1980年代を飾った美少女たちのひとりである、原田知世はNHK「紙の月」で41歳の主婦を演じている。第1回「名前のない金」(1月7日)と第2回「満たされた渇き」(1月14日)によって、ドラマの輪郭は明らかになった。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍