「クドカン」ドラマの魅了再び
TBS日曜劇場「ごめんね青春!」

満島ひかりのテンポのよい演技が引き込む


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

カトリック系の女子高校の告白室。女生徒が男子高校生とつき合っていることを告げる。なぜかかたわらに英語教師の蜂矢りさ(満島ひかり)がすわっている。

 突然、蜂矢の早口のせりふ。

つき合ってるって!
ふたりで英語の辞書を引いたりして、ひわいな言葉をみつけて。
「これどういう意味かな」「どういう意味かしら」
(告白室のしきりの小さな窓のような引き戸が、反対側から力いっぱいに開かれて)
修道女で校長の吉井良江(斉藤由貴)が叫ぶ。
「落語は止め!」

 脚本家の宮藤官九郎が、NHKテレビ小説「あまちゃん」以来のドラマをてがける、TBS日曜劇場「ごめんね青春!」は主役の教師・原平助を演じる錦戸亮とともに、満島ひかりの魅力が画面からあふれる。

「クドカン・ワールド」のギャグが満載

 第1話「恥と後悔と初恋の記憶」(10月12日)と第2話「お前しか見えない!」(10月19日)を観た。

 舞台は静岡県三島市。仏教系で男子校の駒形大学付属三島高校と、カトリック系の聖三島女学院は隣同士である。定員割れが続く三島高に比べて、女学院は偏差値が高く、現役の進学率が7割もある。

 しかし、14年前の火事で焼失した礼拝堂の新設に投じた資金の支払いが行き詰って、三島高と合併しなければならない事態に追い込まれている。

 校長の吉井が、三島高に乗り込む。合併に乗り気でないことを告げる。三島高の三宮大三郎(生瀬勝久)と言い合いになり、茶菓子の落雁を投げつける。

 三宮は眼をつりあげていう。「落雁より固い女だ」

 三島高の原(錦戸亮)の提案によって、女学院と3年生の1クラスの半分ずつを入れ替えて男女共学の実験を始めることになった。教師も相互交流することになり、原は女学院に、蜂矢(満島ひかり)は三島高に。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍