田部康喜のTV読本

2014年11月12日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

 「青石花笑(あおいし・はなえ)、30歳。帝江物産で働くOL。男性経験のないまま20代を過ごし……」

 明るく軽やかなシャンソンのようなメロディーをバックにして、自己紹介のようなセリフでドラマは毎回幕をあげる。

 青石花笑役が綾瀬はるかであることは、ちょっと控えめながらも芯の強い性格を表しているようなその声から、すぐわかる。

恋におちた「こじらせ女子」の
めまぐるしくかわる表情

 日本テレビ「きょうは会社休みます。」は、原作が藤村真理のコミック誌連載のドラマである。初回(10月15日)から第4回(11月5日)まで観た。

 帝江物産の輸入食材の部門で働いている、花笑をめぐる恋のかけひきがほんのり笑える。

 男性と初めて夜を過ごした相手は、職場の大学生のアルバイトである田之倉悠斗(福士蒼汰)である。

 イタリア食品会社のCEO・朝尾侑(玉木宏)も花笑に恋心を抱いて機会をみては誘うのだったが、花笑は冗談とからかいと考えて相手にしない。

 田之倉役の福士はNHK朝のテレビ小説「あまちゃん」で主人公の高校の先輩を演じて、一躍知られるようになった若手二枚目俳優であることはいうまでもない。

 玉木が演じる朝尾がライバルであることはまだ知らない。

 「こじらせ女子」である彼女は突然訪れた熱い時間に戸惑いを隠せない。このドラマのキーワードで知った「こじらせ女子」とは、流行にうとく自分の女子力に自信がない女性のことをいう。そもそも女子力とはなにか、ということになる。

 花笑がその女子力を徐々に高めていくプロセスを、ドラマは描いていくのだろう。

 ライバルの田之倉と花笑の関係を知りながら、恋のアドバイスをする朝尾のセリフと、それに反応する花笑の表情が楽しめる。

 脚本家の金子茂樹がつむぎだすセリフの数々と、その背後に流れる得田真裕の音楽が軽やかである。原作のコミックを読み込んで登場人物たちをいきいきと浮かびあがらせているのだろう。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る