インドでイクメン始めました 新任取締られ役の子育て・ビジネス奮闘記

2014年11月21日

»著者プロフィール

 ある日、妻がサッカーを観に行きたいと言い出しました。大してサッカーに興味もないのにと、不思議に思いながら新聞を見てみると、元イタリア代表の伊達男アレッサンドロ デル ピエロが、インドのプロサッカーリーグにやって来た、という記事がデカデカと載っていました。妻曰く、サッカーを観るならデルピエロのプレーを観たいとの事でした。

 インドで人気を誇るスポーツと言えば、圧倒的にクリケットです。野球の原型とも言われるスポーツで投手が投げたボールを打者が打ち返し、得点を競うゲームです。旧英国圏の国々では依然人気のあるスポーツです。インドのバーでは大概、クリケット中継を流しています。

往年のスタープレイヤーが揃うISL

 そんな状況の中、昨年から立ち上ったのが、Indian Super League(ISL)というプロサッカーリーグです。実は以前からI-Leagueというプロリーグがあったのですが、人気も出ず財政難を抱え、いまいち盛り上がりを欠く中、圧倒的な財力を誇るインド財閥リライアンスと米国エンタメ会の巨人IMGがタッグを組んで、立ち上げたのがこのISLです。

デル ピエロのTシャツも売られている

 さながら、日本でスポーツ中継と言えば野球だった時代に、J-Leagueが誕生したような感じでしょうか。

 ISLには、スタープレイヤー制度と言うものがあるそうで、各チームはスタープレイヤーをチームに入れないといけないルールがあるそうです(サッカー通のインド人部下が言っていました。なかなか文献では発見できませんでしたが、、)。そのためか、各チームには、往年のスタープレイヤーが揃っています。デリーダイナモにはデル ピエロ、ムンバイ シティにはフランスのアネルカ、またFCゴアではジーコが監督をしています。

 30代半ばの私には、馴染み深い選手たちが多く、絶頂期をすぎてもなお、時折り見せるキレのあるプレーをこの目で観たくなりました。

 早速、我が家、駐在員仲間の5人でデリーダイナモ 対FCケララの試合を観に行くことにしました。チケットは100ルピー(約180円)からあって、私は試合が横から見えてフィールドまでも近い席を900ルピー(約1600円)で入手しました。インドの価格を日本人の物価感覚にする場合、ルピーに一つ0をつけた値が近いと言われているので、安い席で100ルピー=>1000円くらいの感覚、900ルピー=>9000円くらいとなかなかのプラチナチケットです。

試合を観戦したスタジアム

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る