炎上?感動?ネットで話題のニュース

2014年12月19日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田中 結 (たなか・ゆい)

プレスラボ

1985年東京生まれ。グラビア誌の編集、女性向けニュースサイトの編集などを経て、2012年10月から編集プロダクション・プレスラボで編集/ライターとして活動。下北沢勤務、下北沢在住で、完全深夜型のライフスタイルを送る。

テレビのニュースには拾われないかもしれないけれど、ネットの一部で盛り上がったあの話題。知りたい人へお届けします。

人気商品「ペヤング」にまさか!
ペヤング暴騰にまで発展した混入騒動

 カップ焼きそばの「ペヤング」に虫が混入していたとして、製造元のまるか食品は当面の間、販売中止することを発表した。

 混入が発覚したきっかけは、商品購入者がツイッターに「ペヤングからゴキブリ出てきた」というコメントとともにアップしたフライ麺の中に大きな虫が入り込んでいる写真。このツイートは瞬く間に拡散され、「ペヤングもう食えねえ」「ペヤング終わったな」などの声が多数あがった。人気商品だっただけに人々に与えたショックも大きかったようだ。

 まるか食品が混入経路を調査したところ、工場での製造工程で混入した可能性が高いとの結果になり、ペヤング全商品の生産を自粛。当面は販売中止せざるをえなくなった。ロングセラー商品だったこともあり、販売中止を嘆くペヤングファンが続出。店頭からペヤングが姿を消すと、ネットオークションに「ペヤング」が出品され価格が高騰するという事態に。通常の販売価格だと2000円台の「ペヤング超大盛やきそば 1ケース」が、1万円以上の値段になることもあった。

 混入していたものがゴキブリだったという話題性に、ペヤングファンたちの悲しむ声が合わさり、ここまで大きな話題になったようだ。この話題は販売中止というオチでは終わらず、違う方向にも広がっていった。

 件の被害者である「混入写真をアップしたツイッターユーザー」が叩かれはじめたのである。このユーザーは某大学の男子学生。過去ツイートではペヤングを大量にストックしている様子もうかがえ、ペヤングを日頃からよく食べていたと思われる。男子学生のツイッターには、「本当に(虫が)入っていたのか」「画像はねつ造なのでは」「あなたのせいで(販売中止になった)」などのクレームが殺到。『週刊文春』は彼の食生活を「仰天食生活」として取り上げた。

 男子学生は「この件は事実です。そのような意見や疑問が出ることも理解はできますが人並みに傷つきます」とツイートし、その後ツイッターのアカウントを削除した。インターネットの「誰でも発言できる」機能が逆効果となり、告発者が探し出され叩かれる。「不祥事があってもペヤングを支持し続ける」という意見も多く、ペヤングというブランドにファンが多かったという理由もあるかもしれない。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る