田部康喜のTV読本

2015年1月14日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

 外資系の証券会社のエリート社員である白石富生(しらいし・とみお=草彅剛)は、中小企業の経営者である父・孝夫(志賀廣太郎)が背負った数千万円の借金のために、仕事もフィアンセの青池梢(木村文乃)も失う。

 富生の名前は、父によって富に包まれる幸せを得るという願いが込められていた。

 フジテレビ系の関西テレビ制作の「銭の戦争」(火曜日)の第1回(1月6日放映)は2時間の特別枠だった。

ひそやかに迫る破たんの足音

 ドラマの冒頭は、キャッシュカードの角を鋭く研ぐシーンから始まる。その手先は白石の父親・孝夫である。それはこの回のラストでわかる。

 路上生活者となった孝夫は川に近い橋の下で、そのカードで頸動脈を切断して自殺するのだった。

 破たんの足音はひそやかに迫ってくる。富生の高校時代の恩師である、紺野洋(大杉漣)は、妹夫婦がレストランの経営のために闇金から借りた500万円を肩代わりしたうえに、利子を払うことになった。

 親子二人暮らしの娘・未央(大島優子)にはこのことを打ち明けられない。未央は契約社員で会社の受付の仕事をしている。会社全体の人員のリストラが浮上していて、その地位は不安定である。

 AKB48出身の大島は、角田光代・原作で宮沢りえ主演で話題を集めている、映画「紙の月」で銀行の窓口業務をする相川恵子役によって、その非凡な演技力をみせた。草彅は、いまや実力は俳優としての地位は誰もが認めるところだろう。

 草彅と大島の恋模様に、元フィアンセ役の可憐な女優・木村文乃が絡んでいくのだろう。木村はドラマの脇役として実績を積んできた。今回はふたりの主役と演技を競いそうな予感がする。

カネをめぐる時代相

 富生は自分の貯金を取り崩したり、生命保険を解約したりして、父の借金の5000万円ほどは返却するが、それでも3000万円ほどが残った。

 銀行ばかりか、消費者ローンや闇金まで借りていたことが明らかになってくる。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る