田部康喜のTV読本

2015年1月28日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

 夜のニュース番組のキャスターを務める、久保田正純(東山紀之)が深夜に自宅の高層マンションに帰ってくる。妻のひかり(柴咲コウ)が寝室で眠っていることをそっとうかがって、のどが渇いて水を飲もうとする。

 背後から差し出される水が入ったグラス。何気なくそれを受けとった正純であったが、音もなく近寄ってきた、ひかりに驚いて手から落としたグラスは床に落ちて砕ける。

 日本テレビ「○○妻」(水曜日放映)は、正純とひかりのこのシーンが場面展開に使われている。「家政婦のミタ」を手がけたヒットメーカーの脚本家・遊川和彦が、かいがいしいつまり良くできた妻であるひかりが、謎を秘めていることを繰り返し表現しているのである。

「家政婦のミタ」のようなヒット作となるか

 第1話(1月14日)と第2話(1月21日)を観た。「○○妻」の「○○」とは何か。謎は深まるばかりである。「家政婦のミタ」に似て、遊川の脚本は最後まで観客をドラマの終末まで飽きさせないのだろう。

 視聴率もまた「家政婦」のようにいまのところしり上がりのようである。最終回が「家政婦」のように40%を超えるには、あとはSNSを含む口コミの広がりだろう。

 第2話のラストに、正純がひかりの寝顔をみてつぶやく。「おまえはいったい何者なのだ」。

 ひかりの両手は胸元でしっかりと組んでいる。この姿で眠らなければならない、ひかりの過去もいずれ明らかになっていくのだろう。

 現代劇から時代劇まで幅広い分野をこなす、東山はいまや日本を代表する俳優である。まっすぐな二枚目から、それを下地にしながらも弱い男の一面も同時に演じ分ける。藤田まことのヒット作を継いだ「必殺シリーズ」の中村主水であり、「トリック劇場版 ラストステージ」の難病の娘を抱えた父親役などである。

 第1話のラストで、正純はひかりの前に土下座をして「結婚をしてくれ」という。テーブルの上に置かれた婚姻届けには正純の署名と印が押されている。

 首を横に振るひかり。自分の部屋いったんもどって、ひかりが手にしてきたものは、「契約書」である。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る