江藤哲郎のInnovation Finding Journey

2015年10月15日

»著者プロフィール
著者
閉じる

江藤哲郎 (えとう てつろう)

ベンチャーキャピタリスト

 鹿児島県出身。1984年慶應大商学部卒業。同年(株)アスキー入社。86年マイクロソフト(株)設立に参加し、マーケティング部長代理としてWindowsコンソシアム、マルチメディア国際会議等を立ち上げる。

 92年(株)電通入社後、デジタル・コンテンツの開発とビジネス化を推進。2002年から情報システム局でSAPアジア共通会計システムを中国・アジアの30拠点に導入他、国内外の全システム開発を担当。2013年から経営企画局専任局次長として、電通が約4,000億円で買収したイージスとのグローバルIT統合の責任者。

 2015年7月、ワシントン州カークランドにInnovation Finders Capitalを設立。AI、ビッグデータ等スタートアップを日本と繋げる。57歳。家族は妻と一男。
 

 シリコンバレーの古くからの中心地カリフォルニア州サンタクララ市は、シリコンバレーの求心力を象徴するエリアの一つだ。元来インテルが本社を置く事で知られるが、そこにあるコンベンションセンターを、私は15年ぶりに訪れた。

インテル本社(©Naonori Kohira)

 目の前には絶叫マシンが集結するテーマパークのグレートアメリカがあり、2014年8月にオープンしたLevi’sスタジアムへはサンフランシスコのプロフットボールの人気チームである49ersが本拠地を移転した。全米屈指の人気チームはその名称にサンフランシスコの冠を残したままだが、本拠地はシリコンバレーへと飲み込まれた格好だ。

 同スタジアムでは今年2015年9月にスポーツサミットが開催されたが、その最大のテーマは2016年に招致するスーパーボウル50だ。日本では野球に比べると馴染みが薄いフットボールはアメリカでは最大級のプロスポーツで、その最高峰の試合、スーパーボウルの全米テレビ中継は、実はIT企業の晴れ舞台でもある。ハーフタイムのCM枠は高額化し、それと共にさながら広告フェスティバルのようにそのクリエイティビティを競う。IT各社も挙って枠を買い付けオンエアする。古くは1984年にアップルがリドリー・スコット制作でマッキントッシュのデビューCMを放映した。2000年にはなんと16社のドットコム企業がハーフタイムにCMを放映したのも記憶に新しいが、pets.comのようにすぐに消えた会社も多い。

 そのスーパーボウルは来年2016年に50回目を迎える。金婚式(ゴールデンウェディング)の50であり、カリフォルニア州が49ersの謂れでもある1849年に始まったゴールドラッシュ発祥の地でもあることから、ゴールデンスーパーボウルとも呼ばれる。サンフランシスコの中国名は旧金山だ。当時金鉱掘りの労働者にジーンズを売り大成功したLevi’sは、ゴールドラッシュで生き残った同州最古参の株式会社として知られるが、実は当社の顧問弁護士事務所で多くのベンチャーキャピタルのファンド組成を手掛けるOrrick Herrington & Sutcliffeは二番目に古い。手前味噌な話に逸れてしまったが、この地の起業文化はこの時代から始まっていたといっても過言ではない。19世紀のゴールドラッシュは世紀を越えて、金からITへと引き継がれた。

The Indus Entrepreneurship

 コンベンションセンター訪問は本年5月15、16日のTiE Conへの参加のためだ。TiE(The Indus Entrepreneurship)は1992年からシリコンバレーで活動する約1万2000人の団体。TiE Conは約5000人ものインド系IT関係者が集結する熱気に溢れるイベントだ。IBMのWatson開発のCTO、オバマ大統領が表彰した13歳の企業家、マイクロソフト本社の新社長の共通点は? そう、皆インド系アメリカ人であり、このイベントで講演を行っている。

 初日の基調講演はジャック・ウェルチだ。このGE前会長はピーター・ドラッカーの信奉者として知られる一方、大変なインド通であり、講演の中でもガンジー元首相の頃からの関わりを強調していた。ステージ上でジャックは妻スージーと共にインタビューを受ける形でインドの更なる成長余地を熱く語っていたが、驚いたのは新刊のサイン会まで開いていた事だ。私の記憶では2001年にJack: Straight from the Gut(日本では日経新聞から「ジャック・ウェルチわが経営」)を書いた後はもう自伝は書かないと言っていたのだが、さすがスージーは編集者であった。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る