中露の支援が北朝鮮の破綻を助長する


世界潮流を読む 岡崎研究所論評集

世界の流れは、時々刻々専門家によって分析考察されています。それらを紹介し、もう一度岡崎研究所の目、日本の目で分析考察するコラム。

»最新記事一覧へ

アメリカン・エンタープライズ研究所(AEI)研究員のエバースタットが、12月29日付ウォールストリート・ジャーナル紙掲載の論説にて、北朝鮮経済の失敗は指導者の失政に起因するが同時に中露からの経済支援がそれを一層悪化させてきた、と述べています。論説の要旨は次の通り。

経済破綻は歴代金政権政策の帰結

 経済失敗の最も顕著な例が北朝鮮である。特に1990年代の大飢饉は平和時のものとしては人類史上例がない。米韓の分析によれば、50-70年代には北の一人当たり所得は韓国を上回っていた。当時発展していた北朝鮮経済はなぜ急速に失墜したのか。

 北による情報秘匿にもかかわらず、北の貿易相手国側の統計により経済破綻の状況や原因などにつき十分な証拠を知ることが出来る。昨年の北の一人当たりモノの輸出額は70年代半ばのそれを下回っている。また私(エバースタット)の試算によると、14年の一人当たり輸入額(実質)は74年のそれの約6割程度だった。74年は北の貿易がピークを記録した年だった。

 経済の破綻は地政学的な影響の結果ではない。ソ連崩壊や洪水、核制裁などでは説明できない。経済破綻は歴代金政権の政策の当然の帰結として起きたものだ。

 北のビジネス環境は世界最悪である。2010年にヘリテージ財団とWSJが出した世界経済自由度指標によると、北朝鮮は179か国のうち圧倒的な最下位だった。北には法の支配はなく、財産権、民間貿易、信頼できる貨幣制度、経済社会統計は確立されておらず、政府部門に対する内的抑制力も存在しない。ビジネス環境の重要性を強調しすぎることはない。2010年の北の対世界貿易は北と同等の規模の国の20分の1程度に過ぎない。

 70年の北朝鮮経済は当時の中国やベトナムよりは良い状況にあった。しかし、この二か国は改革を進め、貿易を推進した。他方で、北は全く反対の方向に進み、戦時経済化し、消費部門を抑圧、「貨幣制度改革」と称して民間の資金を取り上げた。北のような経済政策をとれば経済は確実に破綻する。

経済支援が破綻を助長させた…?

 もう一つのカギは、海外からの経済支援が破綻を助長していることだ。北朝鮮は常に経済支援に依存し未だ嘗て自立していたことはない。60年以後、北は600億ドル(今日のドル価値で)以上の支援を受けてきた。そのうち約450億ドルが中国、ロシア(ソ連)からの支援であった。

 何故この莫大な支援が経済発展に繋がらなかったのか。90年代後半に公表された世銀報告は、劣悪なビジネス環境の下では経済支援は逆効果になると言う。つまり、そのような状況での経済支援は政府の失政を隠蔽することになり、すればするほど害になる。不幸なことに、海外の政治指導者が経済支援を通じて北の経済破綻に加担しているのである。北朝鮮は、モスクワと北京からの経済支援を通じ現代国家としては最悪の経済破綻に行き着いたのである。

出典:Nicholas Eberstadt, ‘How North Korea Became the World’s Worst Economy’(Wall Street Journal, December 29, 2015)
http://www.wsj.com/articles/how-north-korea-became-the-worlds-worst-economy-1451430114

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「世界潮流を読む 岡崎研究所論評集」

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍