プロ野球選手だからできること
“自分発信”の福祉活動続ける原動力

ゴールデンスピリット賞受賞 楽天・今江敏晃選手


森本茂樹 (もりもと しげき)  スポーツライター

WEDGE REPORT

ビジネスの現場で日々発生しているファクトを、時間軸の長い視点で深く掘り下げて、日本の本質に迫る「WEDGE REPORT」。「現象の羅列」や「安易なランキング」ではなく、個別現象の根底にある流れとは何か、問題の根本はどこにあるのかを読み解きます。

»最新記事一覧へ

2月1日からプロ野球各球団が一斉にキャンプインし、2月20日からはオープン戦もスタート。3月25日の開幕戦に向けて、チーム作りが始まっている。例年日本シリーズが終了すると、プロ野球はシーズンオフとなる。およそ6カ月の間に、日本各地を移動しながら143試合を戦うプロ野球選手。オフは、シーズン中に疲れた体を休めるために重要な期間であり、またシーズン中にはできないファンとの交流を行う時期でもある。昨年11月、優れた社会貢献活動を行うプロ野球選手に贈られる「ゴールデンスピリット賞」を受賞した楽天イーグルスの今江敏晃選手は、今オフも東日本大震災後に交流を続けている福島県いわき市を訪れるなど、社会貢献活動を積極的に行った。多くのアスリートとは異なるスタンスで続けている活動について、話を聞いた。

今シーズンから東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍した今江敏晃選手。社会貢献活動に積極的なプロ野球選手に贈られる「ゴールデンスピリット賞」を昨年受賞した

 社会福祉活動にはもともと興味があったという東北楽天ゴールデンイーグルスの今江敏晃選手。プロ入りする前から、有名人が多くの人を助ける姿を見て、「かっこいいな」と思っていたという。「自分も野球選手になって頑張って人に影響を与えられるようになりたい」というのが、高校卒業後プロ野球選手になった今江選手が考えていたことだった。

2005年、今江選手は好調をキープし、自身初めてとなる日本一に貢献した

 今江選手は、大阪の名門PL学園で1年時から4番を務め、2年時には夏の甲子園大会に出場。2001年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから3位指名を受け、夢に見たプロ野球選手となった。05年にベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞し、日本シリーズでは、4連勝での日本一に貢献し、MVPも受賞した。シーズンオフには、第一回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表メンバーにも選出され、5試合で4打点など世界一にも貢献した。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「WEDGE REPORT」

著者

森本茂樹(もりもと しげき)

スポーツライター

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍