中村紀洋が引退試合を拒否したワケ

中村紀洋(大阪近鉄バファローズ他)


高森勇旗 (たかもり・ゆうき)  元プロ野球選手

1988年生まれ。富山県高岡市出身。中京高校から2006年横浜ベイスターズに高校生ドラフト4位で入団。田中将大、坂本勇人、梶谷隆幸やと同学年。12年戦力外通告を受けて引退。ライター、アナリスト、マネジメントコーチなど引退後の仕事は多岐にわたる。

それは“戦力外通告”を告げる電話だった

»最新記事一覧へ

「時間が経つのが、めっちゃ早い。あと、こんなにも体が疲れないもんなんやと、しみじみ思う。痛かったところがどんどん治っていくわ」

 まっすぐに並んだ白い歯を見せて、豪快に笑う。

 18歳でプロ入りして以降23年間、野球のない1年など考えられなかった。生活には常に野球があったし、野球はそのまま生活の一部だった。

 中村紀洋。1992年、近鉄バファローズから始まったプロ野球人生は、メジャーリーグ、マイナーリーグ、日本での育成選手、FA移籍、戦力外通告、野球浪人を経て、横浜で一旦の区切りを迎えた。まだ、引退を宣言していない。42歳を迎えた今なお、「現役」である。

中村紀洋(norihiro nakamura)
1973年生まれ。大阪市出身。
PL学園をはじめ強豪校からの誘いがあったものの「3年間試合に出て、プロのスカウトに見てもらいたい」という理由から府立・渋谷高校に進学し、甲子園にも出場。91年ドラフト4位で近鉄バファローズに入団。2000年には本塁打王、打点王に輝き、翌01年にはリーグ優勝、2年連続打点王に輝く。その後はロサンゼルス・ドジャース、オリックス・バファローズ、中日ドラゴンズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、横浜DeNAベイスターズとチームを転々した。現在は兵庫県西宮市で野球教室「N's Method」を運営している。

 「ただ、例えば次のキャンプに呼ばれたとしても、それに行くかどうかはまた別の話。今は野球やトレーニングを教えている生徒さんもおる。その子らをプロ野球選手やメジャーリーガーにするのが夢で、彼らをほっとくわけにはいかんからね」

 現在、兵庫県西宮市で少年少女の野球技術向上や、一般人の体力向上を目的とした野球教室「N's Method」を主宰している。2000本安打、400本塁打を達成した名球会の一員として、その卓越した野球技術を後世に伝えている。中村のいう「現役」というのは、現役選手としてグラウンドに立つことだけではない。

 中村の代名詞─それは、ホームラン。ピッチャーに真っ直ぐ正対し、白いバットを垂らす。大きく足を上げ、豪快に振り抜く。高々と放り投げられたバットの先には、大観衆の中を切り裂くようにボールが飛んでいく。その美しい放物線に、私を含む多くの野球少年が心酔した。中村自身は、高校入学前の練習で、ホームランと出会った。

 「カーブマシンを打ってたときのこと、ボールが同じタイミングで出てくるから、こっちも特にタイミングとらんと、足を思いっきり上げて打った。そしたら、打球は全部場外。全体重がボールに乗る感覚やね。こんな簡単にボールって飛ぶんかと思った」

 中学時代、記憶している範囲でも、通算ホームランは2本。ホームランとは縁遠く、むしろ守備の方が得意であった。それが、この入学前のバッティング練習でホームランと出会い、野球人生が大きく転換していく。

 「先輩から、『なんやコイツ』と言われたのが気持ち良かった。そうか、ホームラン打ったら注目されんねや、と」

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「それは“戦力外通告”を告げる電話だった」

著者

高森勇旗(たかもり・ゆうき)

元プロ野球選手

1988年生まれ。富山県高岡市出身。中京高校から2006年横浜ベイスターズに高校生ドラフト4位で入団。田中将大、坂本勇人、梶谷隆幸やと同学年。12年戦力外通告を受けて引退。ライター、アナリスト、マネジメントコーチなど引退後の仕事は多岐にわたる。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍