メディアから読むロシア

2016年4月5日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小泉悠 (こいずみ・ゆう)

財団法人未来工学研究所客員研究員

1982年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。民間企業を経た後、2008年から未来工学研究所。09年には外務省国際情報統括官組織で専門分析員を兼任。10年、日露青年交流センターの若手研究者等派遣フェローシップによってモスクワの世界経済・国際関係研究所(IMEMO)に留学。専門は、ロシアの軍事・安全保障政策、軍需産業政策など。著書に軍事大国ロシア』(作品社)、『プーチンの国家戦略』(東京道堂出版)『ロシアの軍事情報を配信するサイト「World Security Intelligence」(http://wsintell.org/top/)を運営。

 前回はシリアからのロシア軍撤退を宣言するプーチン大統領の演説を通じ、ロシアの対外的な姿勢を読み解いた。

 続く今回は、演説後半を見ていきたい。前半とはややトーンを変え、国内向けのアピールが強く現れているのが特徴である。

iStock

(翻訳)

 尊敬する同志諸君! 諸君らは、強力で、近代的で、よく訓練された軍及び艦隊、そして最も大規模かつ困難な任務を遂行しうる強く賢い歴戦の勇士が我が国にあることを証明した。

 対テロ作戦の期間中、9000回以上の戦闘飛行が実施された。2つの海、すなわちカスピ海と地中海に展開した艦隊の水上艦艇及び潜水艦からは、1500kmの射程を有する精密巡航ミサイル「カリブル」による大規模攻撃がテロリストの施設に向けて行われた。我々は、我が乗組員たちのプロフェッショナルな活動を誇りに思うものである。

 長距離航空部隊及び戦略航空部隊も卓越した働きを示した。ここには、射程4500kmの新型空中発射巡航ミサイルKh-101の使用が含まれる。そして、すでに述べたように、シリアには短期間で近代的かつ効果的な防空システムが展開され、全ての部隊及び手段の間で連携が取られ、部隊集団の兵站が組織された。軍事航空部隊と海軍の輸送部隊は見事な働きを示した。

 補給と軍事活動地域における我が部隊集団の戦闘活動の組織化に関する全ての最重要課題は、緊密、知的かつ現代的に解決され、ここでもロシア連邦軍の能力が質的に強化されたことを明らかにした。

(翻訳ここまで)

 この箇所でプーチン大統領は改めて軍の働きを高く評価している(ちなみに「軍及び艦隊」というのは別段空軍を無視しているわけではなく、空軍がなかった時代以来の伝統的な呼び方である)。特に重視されているのが、海軍と航空宇宙軍による精密巡航ミサイル攻撃だ。プーチン大統領の発言に登場するカリブルとKh-101はいずれもロシア軍で配備が進んでいる最新鋭巡航ミサイルであり、実戦投入は今回のシリア作戦が初であった。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る