前向きに読み解く経済の裏側

2016年9月12日

»著者プロフィール
閉じる

塚崎公義 (つかさき きみよし)

久留米大学商学部教授

1981年、東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行。主に調査関連部署に勤務した後、2005年に銀行を退行して久留米大学へ。著書に『増補改訂 よくわかる日本経済入門』(朝日新書)、『老後破産しないためのお金の教科書』(東洋経済新報社)、『世界でいちばんやさしくて役立つ経済の教科書』(宝島社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)など多数。

 ビュッフェのレストランは、食欲に自信のある客ばかり集まって来るのに、どうして潰れないのでしょうか? 今回は、普通の店とビュッフェのレストランを比べてみることで、企業がどのように利益を稼いでいるのか、見ていきましょう。

iStock

店の最大のメリットは効率化

 ビュッフェのレストランというのは、店の真ん中に食べ物が置いてあり、客が好きなものを好きなだけ取って食べる店のことです。食欲の乏しい客は来てくれず、食欲旺盛な客ばかり集まり、3000円払って4000円分の料理を食べて帰るわけです。客は大満足ですが、店にとっても大きなメリットがあるのです。

 第一のメリットは、料理方法です。普通の店では注文を受けてから一人分ずつ作りますが、ブッフェ店では数十人分の料理をまとめて作ります。料理は、一人分を作るのと数十人分を作るので、手間が数十倍かかるわけではありませんから、ブッフェ店はコックの作業効率が高いのです。大企業が中小企業より儲かる理由の一つとして、生産規模が大きいために生産効率が良い、という事が挙げられます。「規模の経済」あるいは「スケールメリット」と言われるものです。ブッフェ店は、大企業でなくともこのメリットが享受できるわけです。

 今ひとつ、普通の店が注文を受けてから作るのに対して、ビュッフェ店は朝から料理を作る事ができます。レストランは昼食時と夕食時に来店客が集中しますから、普通の店のコックは忙しい時間とヒマな時間がありますが、ビュッフェ店のコックは一日中忙しく働くことができるわけです。コックに給料を払う以上、稼働率を高めることが利益への道ですから、これは大きなメリットなのです。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る